Twitter

Twitterを「見るだけ」アカウント登録なしでばれる心配ゼロの閲覧方法

本記事ではTwitterにアカウント登録しなくてもツイートを見る方法をご紹介いたします。

アカウントの凍結やロックで新しいアカウントを作れない方やリア友などにバレるリスクを徹底的になくしたいという方は是非参考にしてください。


Twitter検索を使ってアカウント登録なしで見る方法


Twitterの公式アプリはログインしないと利用することができないので、ブラウザ版Twitterを利用しましょう。

ただGoogleやYahooなどで「Twitter」と検索してアクセスしてもログインを要求されるので、Twitterの検索画面に直接アクセスする必要があります。

上記の「Twitterの検索画面」をタップした時にSafariやChromeなどのブラウザではなく、Twitterの公式アプリに移動してしまう場合は以下の対処法をお試しください。

PCをお使いの場合は公式アプリとは無縁なのでTwitter検索の使い方へとお進みください。

iPhoneでSafariをお使いの場合


「Twitterの検索画面」という箇所を長押しして「新規タブで開く」をタップしてください。


そうするとアプリに移動せずにSafariの別のタブで開くことができます。

AndroidでChromeをお使いの場合


「Twitterの検索画面」という箇所を長押しして「新しいタブで開く」をタップします。



続いて画面上部のタブをタップすると新しいタブで開かれたTwitterの検索画面が表示されます。

Twitter検索の使い方

ここからはTwitterの検索画面に移動してからの使い方を解説します。

Twitterの検索画面はお使いのブラウザのブックマークに追加しておくと便利です。

ユーザー検索

ツイートを見たいユーザーのユーザー名(@から始まる英数字部分)やアカウント名(表示名)を把握しているのであれば「キーワード検索」に入力してください。


そうするとキーワードを含むユーザーが表示されます。


この段階では最大10個のアカウントしか表示されないので、お探しのアカウントが表示されていない場合はタップしてキーワード検索を続けます。

「アカウント」に表示されている候補の下の「すべてを表示」へと進むとより多くのユーザーが表示されます。


お探しのアカウントが見つかったらタップしてプロフィールページへ進むとログインしていなくてもツイートを見ることができます。


今後、同じユーザーのツイートを定期的に見る場合は該当ユーザーのプロフィールページをブラウザのブックマークに追加しておくと検索の手間が省けるのでおすすめです。

ツイート検索

ツイートを見たいユーザーが特に決まっていない場合でもツイート検索を使って様々なユーザーのツイートを見ることができます。

気になっている飲食店やコスメの評判、新作映画の感想、時事ネタに関する意見…等々

気になっている事柄をキーワード検索に入力すればキーワードを含むツイートをログインせずに見れます。

Yahoo!リアルタイム検索を利用する

Yahoo!リアルタイム検索 for Twitter検索
Yahoo!リアルタイム検索 for Twitter検索
開発元:Yahoo Japan Corp.無料

Yahoo!リアルタイム検索というアプリを利用すれば、Twitterにアクセスしなくても検索することができます。

リアルタイムという名称ではありますが、24時間以上前のツイートを検索することも可能ですし、現在話題になっているトレンドワードや人気ツイートも一目瞭然です。


頻繁に検索するワードはお気に入りワードに追加しておくことで通知を受け取ることもできます。

ツイート検索に特化したアプリなので、ユーザー検索には不向きなのですが、Twitterアカウント不要で便利なアプリなので是非活用してみてください。

フォローしないで「見るだけ」の利用方法


アカウント登録を行わなくても上記で解説したTwitter検索を利用すればツイートを見ることは可能ですが、ツイートを見たいユーザーが大勢いる場合はあまり賢明な方法とは言えません。

後から見直したいツイートを保存できるブックマーク機能や夜間の閲覧を快適にしてくれる夜間モードなどを利用することもできません。

アカウントを作成してこういった便利な機能を利用しながら、ユーザーをフォローせずに見たい場合はTwitterのリスト機能を活用しましょう。

1つのリストに最大で5,000人まで追加することができるので、ツイートを見たいユーザーが複数いても大丈夫です。

詳しくはこちらの記事で解説しているのですが、リストを非公開にすると相手にバレる心配もありません。

フォローありで「見るだけ」の利用方法


Twitterのリストを使えばフォローしないでツイートを見れるのですが、2点デメリットがあります。

リツイートを非表示にできない

相手が鍵垢の場合はリストに追加できない

こういったデメリットを無くして見たい場合は見る専用のアカウントを一つ作成して、通常通りフォローしてツイートを見るようにしましょう。

以下のポイントに注意すれば身バレの心配はありません。

Twitterに電話番号を登録しない

新規で取得したフリーメールアドレスで登録する

アドレス帳の連絡先を同期しない

個人に紐づく情報や自撮り写真をツイートしない

場合によっては自分のアカウントを鍵垢にして非公開にするのもおすすめです。

まとめ

Twitterの「見るだけ」の利用方法は以上です。

それぞれのメリット・デメリットを照らし合わせて、ご自分に最も使い勝手の良い方法を取り入れてみてください。