Twitter

要注意!Twitterのリストを非公開にしても通知でバレる大失態とは?

フォローしている人数が増えてタイムラインを追えなくなったり、1つのアカウントで複数ジャンルのユーザーをフォローしてツイートを確認したい時に便利な「リスト機能

リスト機能の公開状態には「公開」と「非公開」の2通りがあり、公開リストにユーザーを追加すると相手のユーザーに自分のアカウント名とリスト名が通知されてリストに追加したことが知られてしまいます。

それでは非公開リストにユーザーを追加した場合はどうなるのでしょうか?

Twitterのリストは非公開でも通知される?

結論から申し上げると非公開リストにユーザーを追加しても相手に通知される心配はありません。

相手が「リスト」から追加されているリストを調べたとしても、作成した非公開リストの名称が表示されることもありません。



ですが、非公開リストに関する間違った情報を鵜呑みにしてしまうとリストに追加したことが相手にバレてしまいます。

非公開リストに関する間違った情報とは?


それは非公開リストに追加してから公開リストに変更すれば相手に通知されないという情報です。

この情報は完全に誤りでリストを非公開から公開に変更すると、その瞬間に追加しているメンバー全てに自分のアカウント名とリスト名が通知されてしまいます。

慌ててリスト名を変更してもリストを削除しても公開に変更した時点のリスト名が通知されます。

自分が鍵垢の場合は通知されませんが、相手の追加されているリストの一覧には表示されるようになります。

鍵垢でいいねやリツイートをした後に鍵を外しても後から相手に通知されることはないので、リストを非公開から公開に変更しても通知されないように思えますが、非公開リストに追加してから1ヶ月後に公開リストに変更したとしても相手に通知が届くので要注意です。

リストが通知されるケース・されないケース

ここからはリストが通知されるケースとされないケースについて、自分が鍵垢の場合も含めてご紹介いたします。

リストが通知されるケース

公開リストに追加

相手に通知される、相手の追加されているリストにも表示される。

公開リストに追加した後に非公開リストに変更

公開リストに追加した時点で通知される、非公開リストに変更した時点で追加されているリストから非表示になる。

非公開リストに追加した後に公開リストに変更

公開リストに変更したタイミングでリスト内の全ユーザーに通知される、相手の追加されているリストにも表示されるようになる。

リストが通知されないケース

非公開リストに追加

相手に通知されない、相手の追加されているリストにも表示されない。

鍵垢で非公開リストに追加 

相手に通知されない、相手の追加されているリストにも表示されない。

鍵垢で公開リストに追加

相手に通知されないが、相手の追加されているリストには表示される。

鍵垢で公開リストに追加した後に非公開リストに変更

相手に通知されない、非公開リストに変更した時点で相手の追加されているリストから非表示になる。

鍵垢で非公開リストに追加した後に公開リストに変更 

相手に通知されないが、公開リストに変更した時点で相手の追加されているリストには表示される。

誰にもバレないリストの作り方

誰にもバレないリストは上記で取り上げた「非公開リストに追加」と「鍵垢で非公開リストに追加 」の2パターンのみです。

最初からリストを非公開にしておいて、途中で公開設定を変更さえしなければ誰にもバレる心配はありません。

リストを作成する際には非公開がオンになっていることをしっかりと確認しましょう。

非公開リストが公開されるバグにご注意!


ただ、Twitterでは過去に非公開リストが公開されるバグが少なくとも二度発生しています。

一度目は2013年に起きた自分がどの非公開リストに追加されているか見れてしまうバグです。非公開リストを作成した側からすると相手を追加していることがバレてしまうというわけです。

二度目は2018年に起きた非公開リストのリスト名とリストの説明文が他のユーザーに見られてしまうバグです。

このように非公開リストは必ずしもプライバシーが守られる万全なものではないので、万が一のバグを想定してリスト名やリストの説明文は相手に不快感を与えないものにしておきましょう。

もし、リスト名を失礼な名称にしていて相手にバレてしまうとブロックされる恐れがあります。