Twitter

Twitterの問い合わせ先!電話やメールでの問い合わせについて解説

身に覚えのないアカウントのロックや凍結、その他にも通常の操作で不具合に直面して対処法を検索したものの一向に解決できない場合、最終手段としてTwitter社への問い合わせを検討される方もいらっしゃると思います。

ここからはTwitterの問い合わせ先や問い合わせ方について解説してまいります。

Twitterは電話やメールで問い合わせできる?


文章でのやり取りは間隔が開いてしまってじれったい、細かなニュアンスを伝えづらいといった理由で電話での問い合わせを希望される方も多いと思います。

しかし、Twitterは電話による問い合わせは受け付けておらず、Twitter Japan株式会社の電話番号も一般公開されていません。

Twitterが一般ユーザーに向けて何かしらの商品やサービスを販売しているのであれば、電話による問い合わせも導入されるはずなのですが、あくまで無料で利用できるサービスですので、そこまで手厚いサポートは不要といった方針なのでしょう。

問い合わせ先のメールアドレスも電話番号と同じく公開はされていないのですが、その代わりに問い合わせフォームが用意されています。

Twitterへの問い合わせ方


問い合わせフォームに移動すると以下の7つの選択肢が表示されています。

  1. ロックされたアカウントと凍結されたアカウントに関する問題
  2. アカウントへのアクセスに関する問題
  3. Twitterにおけるプライバシー
  4. Twitterおよびセンシティブなコンテンツを安全に使用する
  5. Twitter上での信頼性
  6. 知的財産権に関する問題のヘルプ
  7. Twitterの機能や設定に関する詳細

問い合わせたい内容に当てはまる項目へ進むと、より細分化された問い合わせ内容が表示されます。

これらは過去にTwitterに寄せられた問い合わせの中から多いものを集約してまとめてくれているものなので、あなたが問い合わせたい内容も網羅されているはずです。

Twitterに問い合わせても返信がこない原因

ここからはTwitterに問い合わせても返信がこない原因を3つご紹介いたします。

必ず返信がくるわけではない

Twitterへの問い合わせは必ず返信がくるわけではありません。

Twitterは日本国内だけでも月間4500万人以上のアクティブユーザーがいるため、毎日おびただしい数の問い合わせが寄せられています。

アカウントの凍結や年齢制限によるロックなど、自力ではどうしても解決できない問い合わせであっても、1ヶ月以上返信がこないケースも確認されています。

ですので、1週間程待って返信がこないようでしたら再度問い合わせてみてください。

迷惑メールフォルダに入っている

Twitterから返信が来ているにも関わらず、迷惑メールフォルダに振り分けられていて見落としてはいないでしょうか。

Twitterからのメール通知がわずらわしくて、過去に迷惑メール報告したことがある場合は、かなりの確率で迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。

メールアドレスが間違っている

問い合わせに対する返答は、Twitterに登録しているメールアドレス宛に送られてきます。

現在は認証コードの入力が必須になったため、間違ったメールアドレスは登録できないのですが、無効なメールアドレスを登録していた方は正しく受信できるメールアドレスに変更してから問い合わせるようにしてください。

また、一部のフリーメールには一定期間利用していないと受信停止されるサービスも存在するので、問い合わせたものの、Twitter社からの返信が確認できないといった顛末にならないよう注意しましょう。

Twitterサポートはアカウントを閉鎖


ここからは余談なのですが、以前は「Twitterサポート(@TwitterHelpJP)」という公式アカウントが存在したのですが、現在このアカウントは閉鎖されてしまっています。

過去に問い合わせをした覚えがあるのに、今アカウントが見当たらないとお困りの方は繰り返しになるのですが、問い合わせフォームから連絡を送るようにしてください。