Twitter

Twitterでいいねされた時の通知をオフにする方法

自分のツイートに対していいねが付くとツイートを見てもらえており、反応してくれているのが分かるので嬉しいですよね。

しかし、スパムアカウントからのいいねに迷惑していたり、フォロワーからのいいねが多すぎることで重要な通知を見落としてしまうといった理由で、いいねされた時の通知をオフにしたい方もいらっしゃると思います。


いいねされた時の通知をオフにする方法

解説に使用している画像はiPhone版のTwitterアプリですが、Android版の手順も同様です。

すべてのユーザーからの通知をオフにしたい場合

まずは「設定とプライバシー」から「通知」へとお進みください。



続いて「プッシュ通知」→「いいね」の順に進みます。



こちらの設定で通知をオフにするとフォロー中のユーザーやフォロワーからのいいねも全て通知されなくなります。

FF外からの通知をオフにしたい場合

いいね通知をオフにするのはFF外のユーザーやスパムアカウトだけでいいという方は「詳細フィルター」から設定できるので、いいね通知自体はオンのままで構いません。

ただし「詳細フィルター」の設定を変更するとリプやリツイートの通知も影響を受けます。


「設定とプライバシー」から「通知」→「詳細フィルター」へと進むと対象のアカウントからの通知を表示しないようにできます。


FF外からのいいね通知を受け取りたくない場合は「フォローしていないアカウント」と「フォローされていないアカウント」をオンに切り替えてください。


FF外からのいいね通知は受け取りたいけれど、スパムアカウトからの通知は除外したい場合は以下の項目をオンにすると除外できる確率が高まります。

新しいアカウント
プロフィール画像が設定されていないアカウント
メールアドレスが未認証のアカウント
電話番号が未認証のアカウント

まとめ

Twitterでいいねされた時の通知をオフにする方法は以上です。

いいねはリプやリツイートよりも気軽に行えるので通知欄が埋まることが多いですし、通知の度にスマホの電源がオンになり充電の減りにも影響するので、オフ設定を上手にご活用ください。