Twitter

Twitterのテーマカラー(背景色)をスマホから変更する方法

Twitterのテーマカラー(背景色)は初期設定の水色から自分の好きな色に変更することができます。

公式アプリをお使いの場合は自分のプロフィールページの色が変わる程度ですが、PC版Twitterの場合はフォローボタンやトレンドの色もガラリと変わります。

Twitterのテーマカラーを好きな色に変更する方法

iPhoneから行う場合

アプリからテーマカラーを変更することはできないので、SafariやChromeなどのブラウザからTwitterにアクセスしてPC版Twitterに切り替える必要があります。

具体的な手順はこちらの記事を参照ください。

PC版Twitterに切り替わったら自分のプロフィールページを開いて「プロフィールを編集」をタップしてください。


そうすると自己紹介の入力欄付近に「テーマカラー」という項目があるので、こちらから好みの色を選択して最後に「変更を保存」をタップしてください。



これでテーマカラーを変更することができます。

もし用意されている選択肢に好みの色がない場合は「+」マークをタップしてカラーコードを入力しましょう。


原色大辞典のようなサイトにアクセスすると様々なカラーコードが紹介されているので、自分の好きな色のカラーコードをお調べください。

Androidから行う場合

Androidからテーマカラーを変更する場合もアプリからではなくPC版Twitterにアクセスする必要があります。

ChromeからPC版Twitterを開く手順は以下の記事を参照ください。

PC版Twitterを開いたら自分のプロフィールページに移動して「プロフィールを編集」→「テーマカラー」から色を変えることができます。



「+」マークをタップしてカラーコードを入力すればTwitter側で用意されている以外の色を設定することも可能です。

色見本のようなサイトにアクセスすると数百種類のカラーコードが用意されています。

色を変更した後は「変更を保存」をお忘れなく!

タイムラインの背景を黒色にする方法

テーマカラーを変えてもタイムラインの色までは変更されないのですが、夜間モードを利用するとタイムラインの背景が白色から黒色に、文字の色が黒色から白色に変わります。


夜間モードの設定はアプリからも行うことが可能です。

ホーム画面右上のプロフィール画像からメニュー画面を開き、三日月マークをタップすれば夜間モードに切り替わります。



夜間モードから元に戻したい場合は再び三日月マークをタップするようにしてください。

まとめ

Twitterのテーマカラー(背景色)を変更する方法は以上です。

背景に画像を設定していない場合は色が与える印象は大きいので、自分のプロフィールページが閲覧された時の印象を大切にしたい方は是非テーマカラーを変更してみてください。