未分類

Twitterのフリートを非表示(ミュート)にする方法!解除の仕方も解説

TwitterのFleet(フリート)を非表示にする方法や解除の仕方をご紹介いたします。

非表示にすると相手にバレるのか検証した結果も取り上げているので参考にしてください。


TwitterのFleet(フリート)を非表示にする方法

特定ユーザーのフリートを非表示にしたい場合

付き合いで仕方なくフォローしているユーザーやフリートの投稿頻度が多くてわずらわしいユーザーのフリートを非表示にしたい場合は、まずフリートを長押ししてください。


続いて「@○○さんをミュート」→「Fleetをミュート」の順にタップすると、そのユーザーのフリートを非表示にできます。


フリートを一括で非表示にしたい場合

中にはフリートが邪魔でフリートを一括で非表示にしたいとお考えの方もいらっしゃると思うのですが、残念ながらそのような機能は搭載されていません。

フォローしているユーザー全員のフリートを一人ひとり非表示にしても、フリートのバー(トレイ)自体は残る仕様になっています。

ですので、フォローしているユーザーが多い方やどうしてもフリートを表示させないようにしたい方は、SafariやChromeなどのブラウザからモバイル版TwitterやPC版Twitterをご利用ください。

いずれPC版やモバイル版にもフリート機能が搭載されるかもしれませんが、現在はフリートトレイを見ないで済みます。

フリートの非表示設定を解除する方法

フリートの非表示設定を解除したい場合は、相手のプロフィールページを開いてミュート中のボタンをタップしてください。


そして「Fleetのミュートを解除」をタップするとタイムラインの上部に相手のフリートが表示されるようになります。


多くのユーザーを非表示にしたため、誰のフリートを非表示にしたか覚えていない場合は、ミュートリストから確認できます。

まずは「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へ進んでください。



続いて「ミュート中」→「ミュートしているアカウント」→「Fleet」の順に進むとミュートリストが表示されます。



Twitterのフリートを非表示にすると相手にバレる?


フリートを非表示にしても相手に「○○さんがあなたのフリートをミュートしました」といった通知は届きません。

しかし、相手のフリートにあなたの既読が一向につかないと非表示にしているのではと疑われる可能性があります。

相手から変に勘ぐられたくない方は非表示にしない、もしくは本末転倒ではありますが、非表示中でも相手のプロフィールページからフリートを閲覧することは可能なので、定期的に既読を残すようにしてください。