Twitter

Twitterでフォローリクエストを拒否したら100%相手にバレる!

自分のツイートを不特定多数のユーザーに見られたくなかったり、知らないユーザーから勝手にフォローされたくない方は既に非公開設定にして鍵垢にしているかと思います。

ただ鍵垢にしていても既存のフォロワー以外からフォローリクエスト(フォローの申請)が届くことがあります。

フォローリクエストを許可するとその相手はあなたのフォロワーとなり、あなたがこれまでに投稿してきたツイートやいいねしたツイート、誰をフォローしていて誰がフォロワーになっているのか全て見ることができます。

ですので、鍵垢の中身を見られたくない相手からのフォローリクエストは拒否する必要があります。

しかし…

Twitterでフォローリクエストを拒否したら相手にバレる!

相手がフォローリクエストを送るとプロフィールページのフォローボタンは「フォロー許可待ち」という表示に変わります。


この表示がフォローリクエストを拒否した途端に「フォローする」というボタンに戻ることから、フォローリクエストの拒否は相手にバレてしまうというわけです。


相手にフォローリクエストを拒否したことを露骨に知られたくないという方は許可も拒否もせず、そのまま放置しておくというのも一つの手です。

Twitterのフォローリクエストを拒否する方法

ここからは具体的にフォローリクエストを拒否する方法について解説致します。

ホーム画面左上のプロフィール画像をタップし「フォローリクエスト」へと進むとフォローリクエストを送ってきたユーザーが表示されます。



そこにチェックマークとバツマークが表示されているので、フォローリクエストを拒否したい場合はバツマークをタップするようにして下さい。


相手の情報を調べてから拒否するかを決めたいという場合は相手のプロフィール画像をタップすると相手のプロフィールページが表示されます。

相手が鍵垢でない場合はこれまでに投稿しているツイートなどを確認することができます。

拒否してもフォローリクエストが送られてくる場合


フォローリクエストを拒否しても何度も送られてくる場合は相手をブロックするかミュートするようにしましょう。

ブロックすると相手はそれ以上フォローリクエストを送ってくることはできません。

ミュートの場合はフォローリクエスト自体は届くのですが、通知センターに「○○さんがフォローリクエストしています」という通知が表示されることもありませんし、通知音が鳴ることもありません。