Twitter

Twitterのフォロー時の挨拶を例文付きで紹介!DMとリプライどちらで送るべき?

Twitter(ツイッター)は、相手のアカウントが鍵垢でなければいつでもフォローすることができます。

しかし、何も挨拶せずにフォローするのは、ためらいを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、Twitterでフォローする時の挨拶のやり方を例文付きで、どこに送ればよいのかご紹介いたします。

フォローする際に挨拶した方がいい相手と挨拶がいらない相手についても解説しているので参考にしてください。

Twitterでフォローする時の挨拶のやり方

リプライで挨拶する方法


Twitterでフォローする時の挨拶のやり方として最も定番なのがリプライでの挨拶です。

相手をフォローしたいと思ったきっかけのツイートがあるようでしたら、そのツイートに対して挨拶のリプライを送ってみましょう。

例文

○○さん、はじめまして。

リツイートで○○さんのツイートをお見かけして、とても参考になるツイートばかりでしたので、フォローさせていただきました。

今後も為になるツイート楽しみにしています。

文字だけだと少し堅い印象がするので、顔文字や絵文字も添えて送ると良いです。

加えて共通点が他にもあるのであれば、そちらも簡単に触れていただいて大丈夫です。

単なるフォロバ目的でないことが伝わって相手に好印象を与えられるはずです。

メンションで挨拶する方法

特にフォローの決め手となったツイートがあるわけではなく、相手のアイコンやプロフィール・メディア欄を見てフォローを決めた場合は、メンションで挨拶を送りましょう。

メンションとは、@から始まる相手のユーザー名を入力してツイートすることです。


メンションで挨拶する時もリプライで挨拶する時と同じように、はじめましてやこんにちはに加えて、なぜフォローしようと思ったのか一言添えるのがおすすめです。

例文

○○さん、こんにちは。

プロフの雰囲気が素敵で思わずフォローさせていただきました。

よかったら仲良くさせていただけると嬉しいです。

DMで挨拶する方法

相手がDMを解放していてプロフィールにDMボタンが付いている場合は、DMでフォローの挨拶をすることもできます。

ただし、フォロー直後にDMを送るのは悪質な業者の常套手段となっているので、警戒される可能性が高いです。

相手がプロフィールに「気軽にDMください」や「DM歓迎」と記載していない場合は、DMよりリプライで挨拶するようにしてください。

相手がDMを歓迎しているようでしたら、以下の例文を参考にして挨拶してみましょう。

例文

○○さん、はじめまして。

プロフやツイートを拝見してすごく気になったのでフォローさせていただきました。

私も今●●にすごく興味があるので、今後もツイート楽しみにしています。

DMでのご挨拶失礼いたしました。

Twitterでフォローする時に挨拶した方がいい相手

ここからはTwitterでフォローする際に挨拶した方がいい相手について解説いたします。

無言フォローを禁止している人


プロフィール欄に「無言フォローブロック」や「無言フォロー無視」と記載しているユーザーに対しては必ず挨拶するようにしましょう。

プロフィール欄に記載がなくても定期ツイートで呼びかけているユーザーもいるので、直近のツイートに軽く目を通しておくことをおすすめします。

フォローを歓迎している人

一方、プロフィール欄に「無言フォロー歓迎」「相互フォロー歓迎」と記載しているユーザーもいるのですが、こちらはオープンな人ですので挨拶が交流の良いきっかけになります。

フォロワー数が少ない人


フォロワー数が数千人・数万人いるようなユーザーであれば毎日のようにフォロワーが増減しているので気にならないかもしれませんが、フォロワー数が1桁〜2桁のユーザーからすると新しく増えたフォロワーがどういった人なのかは関心事です。

中には挨拶なしでフォローされると監視されているようで不気味に感じる方もいるので、フォロワー数が少ない人に対しては挨拶を送るか、自分のプロフィール欄に「無言フォロー失礼します」と書いておきましょう。

繋がりたいタグを付けている人


ハッシュタグに自分の趣味や好きなものを付けており、いいねやリツイートしてくれた方お迎えにいきます・フォロバしますとツイートしている方に対しては挨拶した方が喜ばれます。

相手はTwitter上で交流できる新しいフォロワーを探しているのでフォローされるのも挨拶されるのも大歓迎というわけです。

以下、挨拶の例文です。

例文

こんにちは。検索から失礼します。

(繋がりたい)タグ拝見させていただきました。

是非繋がりたいです。お先にフォローさせていただきます。

Twitterでフォローする時に挨拶がいらない相手


こちらの見極め方は正直難易度が高いです。

わざわざ挨拶をもらっても返信に困るのでフォローしたければ勝手にフォローしてほしいと思っている人も少なからずいるからです。

鍵垢にしていないということは他のユーザーからツイートを見られても、フォローされてもいいということを意味しているので挨拶なんて不要という考えです。

相手の人柄がフレンドリーであれば問題ないかもしれませんが、運悪く挨拶を送ったことで機嫌を損ねてしまう可能性もあるので、無言フォローを禁止しておらず、フォロワー数が数百人以上いるようなら挨拶なしでフォローしても大丈夫です。

もしくは自分のプロフィール欄に「無言フォロー失礼します」と記載してフォローするのが無難です。

Twitterでフォロー時に挨拶する際の注意点

鍵を外してから挨拶する

自分が鍵垢であってもリプライやメンションは送れるのですが、相手は誰からリプライを貰ったのかアカウントや内容を確認することができません。

ですので、リプライで挨拶する場合は一時的に鍵を外してから送るようにしましょう。

他のユーザーを巻き込まない

リツイートで見かけたユーザーにフォローの挨拶をする際は、リツイートしたユーザーを巻き込んでいないか事前に確認しておきましょう。

巻き込みの詳細や巻き込まないようにする方法は以下の記事を参照ください。

まとめ

本来、フォロー時の挨拶は必須ではないのですが、サービス開始から10年以上の月日が経過して様々なローカルルールが誕生しているので、本記事を参考にしてご判断ください。