Twitter

解決!Twitterのアカウントを作れない・作成できない原因や対処法

本記事ではTwitterで新しくアカウントを作りたいのに作成できなかったという方々を対象に原因や対処法をご紹介致します。

Twitterのアカウントが作れない原因や対処法

完全に削除されていないアカウントの情報を使用している


Twitterは退会手続きを行っても30日間が経過するまではシステム上にアカウントの情報が保存されており、復元できるようになっています。

ですので、30日間が経過する前に退会手続きを行ったアカウントに登録しているメールアドレスや電話番号・ユーザー名を使用して新しいアカウントを作成することはできません。

対処法としては別のメールアドレスやユーザー名を用意するか、30日間の経過を待ってアカウントが完全に削除されてから登録するようにしましょう。

凍結アカウントの情報を使用している


過去に凍結されたアカウントに登録していたメールアドレスでアカウントを新規作成することはできません。

また、自分は凍結処置を受けたことがなくても凍結されているアカウントのユーザー名は使用することができません。

利用を希望しているユーザー名が凍結アカウントに使われているかどうかはキーワード検索に入力して確認してみて下さい

登録済みのメールアドレスでアカウントは作れない

アカウントを新規作成する際に登録済みのメールアドレスを入力すると「このメールアドレスは既に使われています」と表示され、アカウントを作ることができません。


ご利用端末のキャリアメールしかお持ちでない方はGmailやYahooメールといったフリーメールサービスでメールアドレスを取得するようにして下さい。

ただし、使い捨てメールアドレスの作成サービスで取得されたものだとTwitterに登録できない場合もあるので、有名どころのフリーメールを取得することをおすすめします。

「問題が発生しました」エラーで終了してしまう


Twitterで見られる「問題が発生しました」というエラーは電波の調子が悪くて接続状況が好ましくない時に表示されます。

アカウントの作成途中にこちらのエラーで何度も終了してまう場合はモバイルデータ通信からWi-Fiに切り替えたり、その逆を試すなどして接続状況を改善させましょう。

一度、端末の電源を落として再起動するのもおすすめです。

アカウントを作成してもロックされる


短時間に複数のアカウントを作成すると自動化に関するTwitterルールに違反していると見なされアカウントをロックされることがあります。

こちらはGoogle reCAPTCHAでロボットによる操作でないことを証明して、電話番号の入力後に送られてくるコードの認証で解除することができるのですが、中には電話番号認証できないユーザーがいます。

こちらは30日以内に退会手続きを行った別のアカウントにその電話番号を登録していることが原因になります。

対処法としては退会手続きを行ったアカウントにログインして復元し、登録している電話番号を削除するようにして下さい。

そうすれば電話番号認証ができるようになります。

アカウントを作成しても凍結される


近年、Twitterは凍結されたアカウント所有者の別アカウントに対する処置を厳しくしており、新しいアカウントを作成しても「永久凍結の回避を禁止するルールに違反しています」とすぐに凍結されることがあります。

こちらの対処法として最も確実なのはTwitterのアカウントを作成・利用する端末を変更することと凍結時のIPアドレスで利用しないことです。

まとめ

Twitterのアカウントを作れない原因や対処法は以上です。

Twitterの規約違反である攻撃的な行為などで過去に凍結されており、繰り返し凍結対象になっている方以外はすぐにアカウントを作れるようになると思います。