Twitter

引用リツイートとは?やり方や通知に関して知っておきたい注意点

Twitterの基本操作の一つに自分のフォロワーに他人のツイートを紹介・拡散するリツイートという機能がありますが、同じような機能に引用リツイートというものがあります。

※引用ツイートとも呼ばれています。

本記事では引用リツイートとはどういったものなのかリツイートとの違いややり方、注意点について解説いたします。

Twitterの引用リツイートとは


引用リツイートは通常のリツイートと異なり、特定のツイート(引用元)にコメントを付けて引用元のツイートとセットで投稿できる機能です。

引用リツイートが登場する以前は非公式リツイートと呼ばれる方法で引用元のツイートをコピーして相手のユーザー名とRTという文字を添えてツイートする方法が一般的だったのですが、文字数制限に達しやすいというデメリットがありました。

引用したいツイートを先にリツイートしてから、それに関して通常のツイートを投稿する空リプという方法もあるのですが、こちらはフォロワーからすると少々分かりづらいのが難点でした。

こういった問題点を解消して引用元を紹介しながら、文字数の上限140文字分ツイートを投稿できるのが引用リツイートです。

引用リツイートのやり方

アプリから行う場合

iOS版やAndroid版のTwitterアプリから行う場合は引用したいツイートのリツイートボタンをタップして「コメントを付けてリツイート」を選択してください。

他のユーザーのツイートではなく自分のツイートを引用することも可能です。



そうすると引用元のツイートの上にコメントが追加できるようになります。

こちらに入力できるのは文字や絵文字・顔文字のみで画像を載せることはできません。


コメントを入力して「ツイート」をタップしたら投稿完了です。

PCから行う場合

PC版Twitterから行う場合は引用したいツイートのリツイートボタンをクリックして「コメントを付けてリツイート」を選択してください。



あとは文章を入力して「リツイート」を押すと引用リツイートが投稿されます。

引用リツイートができないケース


鍵垢のツイートはリツイートボタンが無効になっているため、アプリから引用リツイートを行うことはできません。

ブラウザ版Twitterからであれば引用したいツイートのURLをコピーして自分のツイートに貼り付けることで引用リツイートが行えます。

ただ自分のフォロワーが引用元の鍵垢にフォローを許可されていない場合、引用元のツイートを見ることはできません。

引用リツイートの通知に関する注意点

自分が鍵垢でない場合、引用リツイートを行うと引用元の相手に通知が届きます。

これは通常のリツイートと同様なので多くの方がそれとなく事前に予想できると思うのですが、引用リツイートは自分の書いたコメントもセットで相手に通知されるので注意が必要です。

単に「○○さんがあなたのツイートをリツイートしました」という通知ではなく、以下の画像のように自分が投稿した引用リツイートがそのまま相手に通知されてしまいます。


通常のリツイート感覚でFF外(フォロー・フォロワー外)の相手などに対して失礼な引用リツイートを行うと引用元の相手にコメントの内容が把握されるので、くれぐれもお気を付けください。

引用リツイートの通知が来ない・消えた場合の対処法


こちらは自分のツイートが引用リツイートされた時の不具合に関してです。

Twitterの通知が来ないというトラブルはしばしば見られますが、通知が来ないと自分が引用リツイートされたことに気付くことができません。

リプを貰った通知が来なくてもリプ欄を確認すると通知に反映されていなかったリプを確認することができますが、引用リツイートの場合は検索して探し出す必要があります。

こちらでTwitterの通知が来ない時の対処法を取り上げているので参考にしてください。

また引用リツイートの通知がいいねやフォロー通知などに埋もれてしまった、消えてしまったという方は、こちらの方法で引用リツイートのみを検索することができます。

まとめ

Twitterの引用リツイートに関する解説は以上です。

鍵垢にしていない時点で引用リツイートされても仕方ないのですが、引用リツイートでなくリプにしてほしいと思っているユーザーも中にはいます。

リプならフォロワーのタイムラインに必ずしも反映されませんが、引用リツイートだとフォロワーのタイムラインに流れるので、引用元のユーザーからするとフォロー・フォロワー外のユーザーから変に絡まれることがあるためです。

引用リツイートしようとしている相手自身が日常的に引用リツイートを多用している場合は何ら問題ありませんが、フォローして間もなかったり、フォロー関係にない場合はそのような点を考慮したいものです。