Twitter

Twitterアカウントの引き継ぎ方!機種変更時のデータ移行について解説

端末を買い替えて機種変更した際に必要になってくるのがデータ移行です。

iPhoneの連絡先や写真などのデータを引き継ぐにはiCloudやiTunes、Androidのデータを引き継ぐにはGoogleアカウントやSDカードを用いたバックアップが必要になってきます。

それではTwitterのアカウントはどのように引き継げばよいのでしょうか?

ここからは機種変更してもこれまでのTwitterアカウントを引き続き利用する方法を解説いたします。

Twitterのアカウントを引き継ぐ方法

Twitterアカウントの引き継ぎには以下のログイン情報が必要になります。

電話番号
メールアドレス
ユーザー名
パスワード

パスワードは必須で電話番号・メールアドレス・ユーザー名は三種類の内いずれか一つが必要になります。

「設定とプライバシー」から「アカウント」へとお進みいただくとパスワード以外のログイン情報を確認することができるので記憶が曖昧な方は引き継ぎ前にこちらでチェックしておきましょう。




ログイン情報をしっかりと把握したら機種変後の端末にAppStoreやGoogle PlayからTwitterをインストールして下さい。

Twitter
Twitter
開発元:Twitter, Inc. 無料

アプリを起動したら画面下の「ログイン」をタップしログイン情報を入力してログインします。



これで端末を買い替えてもこれまで通りのアカウントでTwitterを利用することができます。

パスワードを忘れて引き継げない場合

Twitterはログイン情報さえ覚えていれば過去のツイートをはじめDMやフォロワーなどのデータは一切消去されることなく引き継ぐことができます。

ですが、パスワードを忘れてしまって引き継ぎに失敗する方も少なくありません。

万が一、パスワードを忘れてしまったという方はこちらの記事を参考にしてパスワードをリセットするようにして下さい。

複数のアカウントを引き継ぎたい場合

Twitter利用者の多くが複数のアカウントを所持していると思いますので、持っているアカウント全てを引き継ぐ方法についてもご紹介いたします。

iPhone編

アプリを起動しホーム画面左上のサムネをタップしたら「…」へとお進み下さい。



続いて「作成済みのアカウントを使う」を選択しログイン情報を入力すれば別のアカウントも追加で引き継ぐことができます。

Android編

Android端末からTwitterの公式アプリを利用している場合はホーム画面左上をタップし「∨」へと進みます。


続いて「作成済みのアカウントを使う」にて引き継ぎたい別のアカウントのログイン情報を入力すれば他のアカウントもこれまで通り利用することができます。

引き継ぎに関する、その他のQ&A

引き継ぎ前にログアウトする必要があるか?

Twitterは同じアカウントを複数の端末で同時にログインしていても問題ありません。

引き継ぎ前のスマホを下取りに出すようでしたらTwitterも含めあらゆる情報を消去しておく必要がありますが、そうでなければログアウトする必要はありません。

二段階認証を設定している場合

Twitterは電話番号登録を行うことでログインの際にSMSを使った二段階認証を設定することができ、セキュリティを高めることができます。

機種変後も電話番号に変わりがないのであれば特に何もする必要はありませんが、もし電話番号が変わる場合は事前に二段階認証を解除しておく必要があります。

まずは「設定とプライバシー」から「アカウント」へとお進み下さい。



続いて「セキュリティ」→「ログイン認証」の順に進み、ログイン認証をオフにすることで二段階認証を解除することができます。



ツイートのバックアップの取り方

LINEのトークを引き継ぎたい場合はバックアップを取らなくてはいけないのですが、Twitterのツイートはバックアップを取らなくても引き継ぎ可能です。

ですが、色々な考えがあってこれまでのツイートを保存しておきたいという方はPC版Twitterからバックアップを取ることができます。

「設定とプライバシー」から「ユーザー情報」へと進み「全ツイート履歴を取得する」をクリックして下さい。




そうすると登録しているメールアドレス宛に全てのツイートを含むファイルのダウンロードURLが送られてきます。

まとめ

Twitterアカウントの引き継ぎに関する解説は以上です。

LINEなどと違ってログイン情報を覚えていれば簡単に引き継ぐことができますので、どうぞ心配なくお取り組み下さい。