Twitter

Twitterのパスワードを忘れた時の対処法!リセットできない場合の解決策も紹介

Twitterは一度ログインするとログイン状態が継続されますが、機種変更した場合やブラウザのキャッシュを削除した場合、アプリを再インストールした時には改めてパスワードを入力してログインする必要があります。

その他にも作成済みのアカウントをアプリに追加する際にもパスワードは必要になってきます。

ここからはログインに欠かせないパスワードを忘れた場合の対処法をご紹介いたします。

Twitterのパスワードを忘れた場合の対処法

Twitterのパスワードを忘れてしまうとログインできないのは勿論、パスワードの変更を行うこともできないのでパスワードのリセットが必要になります。

パスワードのリセット画面に移動し、登録時のメールアドレスもしくは電話番号か@から始まるユーザー名を入力して対象のアカウントを検索しましょう。


該当するアカウントがあった場合はパスワードのリセット手段として以下の候補が表示されます。

電話番号のみ登録している方はSMSでコードを送信

メールアドレスのみ登録している方はメールで送信

電話番号もメールアドレスも登録している場合は両方

携帯電話にコードを送信した場合

「携帯電話にコードを送信する」を選択した場合、アルファベットや数字が混在したリセットコードが届きますのでこちらを入力して「送信」を押して下さい。


そうすると以前のパスワードの入力無しに新しいパスワードの入力・保存が可能になります。

リンクを登録メールアドレス宛に送信した場合

「リンクを○○宛にメールで送信」を選択した場合はパスワードのリセットボタンを含むメールが届きますので、そちらのボタンを押して下さい。


あとは新しいパスワードを入力・再入力し「送信」すればパスワードのリセットは完了です。

メールアドレスを忘れてリセットできない場合

Twitterに電話番号を登録していない、もしくは機種変更で電話番号が変わってしまった場合はパスワードのリセット手段はメールのみになってしまいます。

しかし、登録したメールアドレスをすっかり忘れてしまったというケースは意外に多いものです。

この場合はパスワードのリセット画面に移動し、@から始まるユーザー名を入力してメールアドレスを推測してみましょう。


*****で伏せ字になっている部分が大半ですが、@の次のアルファベットでどこのキャリアメールかどこのフリーメールか絞り込むことができますので、そちらからメールアドレスを調べてみましょう。

【dの場合】:docomoメール(メールアドレスの確認

【aの場合】auメール(メールアドレスの確認

【iの場合】:Softbankメール(メールアドレスの確認

【yの場合】:YahooMail(Yahoo! JAPAN ID検索

【gの場合】:Gmail(既存のアカウントを確認する

この方法でメールアドレスを確認できたらメールによるパスワードのリセットが可能になります。

どうしてもメールアドレスを思い出せない、確認できない場合は残念ながらそのアカウントに今後ログインしたりアカウントを削除することはできません。

パスワードの管理方法

パスワードを忘れがちな方は、これを機にパスワード管理アプリの利用をおすすめします。

覚えやすくて簡単なパスワードはパスワード忘れの防止には役立ちますが、アカウントの乗っ取り被害に遭う恐れがあります。

安全なパスワードを作成して、1Passwordのようなパスワード管理アプリに登録しておきましょう。

1Password - Password Manager

1Password – Password Manager

AgileBits Inc.無料

まとめ

Twitterのパスワードを忘れてしまった時の対処法は以上です。

TwitterはFacebookなどとは違って複数アカウントの作成がOKなので、ついいくつもアカウントを登録してしまいパスワードを忘れてしまうことが少なくありませんが、本記事がお役に立てれば幸いです。