Twitter

Twitterのブロ解とは?やり方やリム通知でバレる可能性について解説

Twitterのブロ解とはどういう意味?


Twitterを利用していると「○○にブロ解されてた」「お別れはブロ解で」といったようにブロ解という用語を目にすることがあります。

ブロ解とは一旦ブロックしてすぐにブロックを解除することを意味しています。

Twitterで相手をブロックするとフォローされていても強制的にフォローを外すことができます。これまで相互フォローであっても相互状態が解消され、どちらもフォローしていない状態になります。

しかし、ブロックしたままだと相手がこちらのプロフィールページを開いた時に「@○○さんはあなたをブロックしました」と表示されるので、ブロック中であることが伝わってしまいます。

そこでブロックした直後にブロックを解除することで、単にお互いにフォローしていない状態、相手にフォローされていない状態を作り上げるというわけです。

ブロ解する理由(心理)

ブロ解は以下のようにブロックとフォロー解除の中間に位置するような行為で、Twitter上で関わりを断ちたいけれどブロックするほどでもない相手に対して行われます。

ブロック>ブロ解>フォロー解除

ブロックすると相手に逆恨みされたり、ブロックの証拠をスクショして晒されることもありますが、ブロ解はブロックほど相手の怒りを買わないのがメリットです。

一人や二人程度のブロックで相手のアカウントが凍結されることはありませんが、凍結に対する配慮にも繋がります。

ブロ解をお願いする理由(心理)

「お別れはブロ解で」「合わない人はブロ解してください」といった具合にブロ解をお願いする理由は、一方的にフォローを外されても自分は引き続き相手をフォローしている状態だからです。

それならばお互いフォローしていない状態にしましょうという意味でブロ解をお願いしているわけです。

ブロ解は高確率でバレる!


相互フォローを解消する目的でブロ解した相手が、誰がフォローを解除したのか確認できるリム通知を設定している場合、まずフォローを解除したことがバレてしまいます。

その後、相手がこちらのプロフィールページを開いてフォローボタンが「フォロー中」から「フォローする」に変わっているのを確認されたらブロ解したことがバレてしまいます。


リム通知が確認できるアプリとして人気の『フォローチェック for Twitter』には誰がフォローを解除したのかだけではなく、自分自身が最近フォロー解除した相手を表示できる機能もあるのでセットで調べられるとブロ解したことがバレます。


こちらが相手をフォローしていなかったり、相手がリム通知を設定していなかったとしても相手のフォローしている人数が少なく数十人程度の場合はブロ解がバレる可能性は高いです。

ブロ解のやり方

アプリから行う場合

iPhoneやAndroid端末でTwitterの公式アプリをお使いの場合はまず相手のプロフィールページを開いて画面右上の「…」もしくは「︙」をタップして「@○○さんをブロック」にて相手をブロックします。



その後、「ブロック中」と書かれたボタンをタップして「ブロックを解除する」を行えばブロ解完了です。


PCから行う場合

PC版Twitterをご利用の場合は相手のプロフィールページを開いて、フォローボタン付近の「…」から「@○○さんをブロックする」→「ブロック」のクリックしてください。




これで相手のアカウントをブロックできるので、その後「ブロック中」と書かれたボタンにカーソルを合わせて「ブロック解除」をクリックするとブロ解することができます。


一括でブロ解したい場合

一人だけでなく大勢のユーザーをブロ解したい場合はフォロー管理 for Twitterというアプリを利用すれば一括でブロ解することができます。

フォロー管理 for Twitter (フォローチェック)
フォロー管理 for Twitter 
開発元:Masaki Sato 無料

こちらの方法でブロ解する際の注意点ですが、一度に大量にブロックしたり、ブロック解除するとTwitter側にスパムとみなされアカウントをロックされたり凍結されるリスクがあります。

短時間に行うのは多くても10〜20人程度がおすすめです。

それでは使い方の解説に移ります。

まずはアプリを起動してログイン情報を入力しお使いのアカウントと連携させましょう。

連携が済んだらメニューから「フォローしている」もしくは「フォローされている」へとお進みください。


続いて画面左下の「編集」をタップしブロックしたいユーザーにチェックを付けていき「ブロック」を押します。



ブロックを終えたらメニューの「ブロックしている」に移動して「編集」をタップし、先程ブロックしたユーザーにチェックを付けていき、最後に「ブロック解除」を押します。



この手順でまとめてブロ解することができます。

ブロ解が終わってアプリ連携を解除したい場合はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

Twitterのブロ解に関する解説は以上です。

ブロ解という行為がTwitter上でここまで広まるまでは、相手にフォローが勝手に外れたと勘違いさせることができたのですが、現在はほぼバレてしまうのでブロックまでとはいかなくても相手に不快感を与えてしまいます。

ブロ解をする場合はその点を念頭に置いておきましょう。