Twitter

Twitterで特定の人のツイート通知を設定する方法!オンにするとバレる?

Twitterは投稿したツイートに対してリプやリツイート、いいねが付くと通知音やプッシュ通知でお知らせしてくれます。

その他にもDMが届いた時や最近のハイライトが通知されることもあります。

そんなTwitterの通知機能ですが、実は特定のアカウントがツイートを投稿したタイミングでお知らせしてくれる「ツイート通知」という機能も存在します。

フォローしている人数が増えてくるとどうしてもツイートの見落としが増えてくるかと思うのですが、ツイート通知を設定していれば見落とす心配がありません。

ツイートの内容によっては早く気付いて確認できた方が良いものもあるでしょうから、リアルタイムでツイートされたことを把握したい方にもおすすめです。

ちなみにツイート通知をオンにしたからといって相手にバレることはないのでご安心ください!

特定の人のツイート通知を設定する方法

アプリから行う場合

iPhoneやAndroid端末からTwitterアプリをお使いの場合はツイート通知を受け取りたいユーザーのプロフィールページを開いてフォローボタンの左側に表示されているベルマークをタップして「すべてのツイート」を選択してください。



これでツイート通知の設定は完了です。

相手をフォローしていない状態だとベルマークは表示されないので、ベルマークが見当たらないという方は先に相手をフォローするようにしましょう。

PCから行う場合

PC版Twitterをご利用の場合はお使いのブラウザがChromeもしくはFirefoxの場合はツイート通知を受け取ることができます。

Twitterにログインした状態でWeb通知にアクセスし、「ブラウザ通知をオンにする」を有効にしてください。


続いてブラウザ上に表示される「このサイトからの通知を受信しますか?」を受信するにすればTwitterを開いていない時でもWeb通知が届くようになります。

※PCやブラウザは起動しおく必要があります。


あとはツイート通知を受け取りたいユーザーのプロフィールページを開いてフォローボタンの隣の「︙」をクリックし「モバイル通知をオンにする」を選択してください。


これで特定のユーザーがツイートを投稿した時にブラウザ上で通知されるようになります。

ちなみにブラウザ通知を有効にした段階で受け取る通知の種類を選択することができます。

ツイート通知以外は不要という方は「ツイートがリツイートされたとき」「ツイートがいいねされたとき」など他のチェックは外しておきましょう。

ツイート通知をオフにする方法

アプリから行う場合

設定したツイート通知をオフにしたい場合は相手のプロフィールページを開いてベルマークをタップして「なし」に変更してください。


PCから行う場合

PC版Twitterから行う場合は相手のプロフィールページを開いてフォローボタンの隣の「︙」をクリックし「モバイル通知をオフにする」でツイート通知をオフにすることができます。


Web通知そのものをオフにしたい場合はWeb通知にアクセスして「無効にする」をクリックしましょう。

ツイート通知を設定した人を一覧で表示する方法

まずはアプリの「設定とプライバシー」から「通知」へとお進みください。



続いて「プッシュ通知」→「ツイート」の順に進むと、これまでにツイート通知を設定したユーザーが一覧で表示されます。



こちらの画面から全員のツイート通知を一斉オフすることもできるので、何人も設定している場合はこちらからオフにしてください。