Twitter

Twitterのアプリ連携を解除する方法【iPhone/Android/PC】

Twitterはサードパーティのアプリケーションと連携することで、Twitter上には用意されていない機能を利用できるようになります。

これまでのツイートを一括削除できるサービスや誰からブロックされたか確認できるアプリケーションなど便利なものが多いです。

その他にもインスタと連携することで同時投稿できたり、SHOWROOMやイチナナのようにTwitterアカウントでログインできるサービスもあります。

しかし、中には勝手にスパムツイートやDMが送信されてしまう悪意のあるアプリケーションも存在します。

ご自身のTwitterに不審な挙動が見られる場合は以下の手順でアプリ連携を解除するようにしてください。

問題のないアプリケーションであっても、しばらく利用していないものは解除してしまいましょう。


スマホからTwitterのアプリ連携を解除する方法

解説に使用している画像はiPhone版のTwitterアプリですが、Android版の手順も同じになります。

まずは「設定とプライバシー」から「アカウント」へとお進みください。



続いて「アプリとセッション」へ進むと現在連携中のアプリが表示されるので、連携を解除したいアプリを選んで「アクセス権を取り消す」をタップしてください。




これでアプリ連携の解除は完了です。

PCからTwitterのアプリ連携を解除する方法

PC版Twitterのデザインは2019年4月を境に新バージョンに変更されたのですが、旧バージョンでの解除方法も取り上げているので参考にしてください。

新バージョンをご利用の場合

まずは画面右上のアカウント名をクリックして「設定とプライバシー」へと進みます。



続いて「アカウント」→「アプリとセッション」の順に進み、連携を解除したいアプリを選んでアクセス権を取り消しましょう。




旧バージョンをご利用の場合

まずは画面右上のプロフィール画像をクリックして「設定とプライバシー」へと進みます。


続いて画面左側の「アプリと端末」へと進むと、Twitterアカウントと連携されているアプリが表示されるので「許可を取り消す」を押せば、連携を解除することができます。


まとめ

Twitterのアプリ連携を解除する方法は以上です。

解除自体は簡単に行うことができますが、不用意に連携しないように心掛けましょう。