Twitter

Twitterの今日の不具合・障害の確認方法や直し方【2022年】

Twitter(ツイッター)で今日現在、不具合が起きているかリアルタイムで確認する方法や不具合時に試したい直し方をご紹介いたします。

Twitterの今日の不具合・障害を確認する方法

ツイート検索

Twitterが開かなかったり、検索できない場合は、確認方法として適さないのですが、その他の不具合を確認したい時はツイート検索が最も適しています。

以下のようにツイート検索していただくと、Twitterの具体的な不具合について言及しているユーザーが見つかるので、それらから今の不具合を把握できます。

Twitter 不具合

Twitter 障害

Twitter バグ

リアルタイム検索


リアルタイム検索は、Yahooが提供するTwitterと連動した検索サービスです。

Twitterが開かなかったり、検索できなくてもリアルタイム検索を使えば検索できる場合があります。

リアルタイム検索でもツイート検索と同じように以下のようなキーワードで検索してみてください。

Twitter 不具合

Twitter 障害

Twitter バグ

ダウンディテクター


ダウンディテクターは、携帯会社や主要なウェブサービスの障害状況を時間別・地域別で確認できるサービスです。

ただし、ユーザーから寄せられる任意の報告以外は、大部分をTwitterからの情報収集に依存しているため、Twitterで大規模な不具合が発生している時は確認できない可能性があります。

Twitterの公式アカウント

ユーザーからリプライや問い合わせが寄せられた後の発表になることが多いので、速報性は期待できませんが、信頼できる確かな情報をお探しの方は、Twitterの公式アカウントをチェックしてみてください。

ツイートは英語ですが、Twitter SupportTwitter Japanより情報が早いので、ツイートを翻訳をタップして不具合情報を調べてみましょう。

Twitter API Status

TwitterはAPIを開放しており、外部の開発者はTwitterにないユニークな機能を開発できるのですが、APIの不具合情報はTwitter API Statusから確認できます。

OperationalやDegraded Performanceと記載されたステータス状況や過去の不具合について記載されている「Past Incidents」を重点的にチェックしてみてください。

5月19日の不具合情報

当サイトでも上記の方法を使って毎日Twitterの不具合情報を確認しています。

5月19日午前現在、広範囲の不具合は確認されていません。

Twitterで不具合・障害が起きた時の直し方

ここからはTwitterで不具合が起きた時の直し方をご紹介いたします。

自分側の原因でTwitterに不具合が生じている時の直し方も幅広く取り上げています。

アプリをアップデートする

不具合が修正されたバージョンがリリースされても、アプリをアップデートしていないと修正版が反映されません。

App StoreやPlayストアを開いて手動アップデートするようにしてください。

尚、以下の記事ではTwitterを自動アップデートする方法も解説しています。

通信環境を改善する

Twitterで不具合が発生すると「問題が発生しました」などのエラーメッセージが表示されるのですが、これらのエラーメッセージは通信環境が不安定な時にも表示されます。

ツイート検索やリアルタイム検索の結果、Twitterの不具合を訴えているユーザーがいないようでしたら、通信環境が不安定になっていないか確認してみてください。

そしてモバイルデータ通信のオフ・オン、機内モードのオン・オフ、端末の再起動などを試して通信環境を改善しましょう。

キャッシュを削除する

Twitterに溜まったキャッシュが原因でアプリが開かなかったり、繋がりにくくなることがあります。

以下の記事を参考にしてキャッシュを削除してみてください。

アプリを一度アンインストールする

Twitter ツイッター

Twitter ツイッター

Twitter, Inc.無料

アプリをアンインストールすると下書きが消えたり、再ログインしなくてはいけないデメリットがありますが、アンインストールした後にアプリを入れ直す方法は、効果的な不具合対処法として知られています。

アップデートとキャッシュの削除を同時に行えるので、下書きがない方やログイン情報をしっかり覚えている方は試してみてください。

ウェブ版を使う

Twitterアプリで不具合が生じていても、ウェブ版からであれば問題なく閲覧・投稿できる場合があります。

ウェブ版を初めて利用する方は、以下の記事が参考になります。

スマホやPCを再起動する

不具合の原因をはっきり特定できなくても、一度電源を落として再起動するとアプリを開けたり、Twitterに繋がるようになることがあります。

スリープモードで長らく電源を落としていない方は、再起動で解消されるか試してみてください。

ヘルプセンターから報告する

長らく改善されない不具合がある場合は、ヘルプセンターから報告してみましょう。

ユーザーからの報告が多数寄せられることで、タイムラインで読んでいるツイートが消える不具合などが改善された事例もあります。