Twitter

Twitterのフォローが勝手に外れる・消える原因を完全解説

Twitterを利用していると自分がフォロー解除したわけでもないのに、フォローしている人数が減っていて勝手にフォローが外れていることがあります。

本記事ではフォローが勝手に外れたり、消えたりする原因について詳しく解説いたします。

Twitterのフォローが勝手に外れる原因

相手にブロックされたため

フォロー中の相手にブロックされてしまうと強制的にフォローが外れて、今後相手のツイートが見れなくなってしまいます。

フォローが外れてしまったお相手に心当たりがある場合は相手のプロフィールページを開いてみてください。

「@○○さんはあなたをブロックしました」と表示されていたら、原因はブロックということになります。

相手にブロ解されたため


相手のプロフィールページを開いてもブロックされている表示がない場合はブロ解された可能性が考えられます。

一度ブロックしてフォローを外した後にブロックを解除すると、あたかも勝手にフォローが外れたような現象が発生します。

相手がブロ解したのかどうかの見極め方ですが、これまで相互フォローであったにも関わらず、お互いのフォローが解消されている場合は間違いなくブロ解だと断定できます。

もし自分が相手を一方的にフォローしていてフォロバされていなかった場合はブロ解だと断定することはできないので、他の可能性も視野に入れてみましょう。

相手がアカウントを削除したため

フォロー中の相手がアカウントを削除すると当然ながら自分のフォロー欄からも消えてしまいます。

アプリから相手のプロフィールページを開いた時にプロフィール画像がグレーになっていてツイート欄に「読み込みエラー」と記載されていたら、アカウントが削除されたことを意味しています。


PC版Twitterの場合は「このページは存在しません」と表示されていたらアカウントが削除されています。


ただTwitterはアカウントを削除しても30日以内であれば復活することができるので、いつの間にか減ったフォロー数が元に戻っている可能性も十分ありえます。

ご本人がアカウントを削除したわけではなく、Twitter側のシステムによってアカウントの一斉削除が行われる場合もあり、その際はフォロー数やフォロワー数が一気に減少することもあります。

相手のアカウントが凍結やロックされたため

相手のアカウントがTwitterの利用規約に抵触して凍結またはロックされた場合もフォローが外れた状態になります。

アプリから相手のプロフィール画面を開いて「アカウントが凍結されています」「注意:このアカウントは一時的に制限されています」と表示されていたら、凍結やアカウントロックが原因です。



ですが、アカウントロックは電話番号による認証とロボットによる操作でないことの確認で比較的簡単に解除されます。

凍結は異議申し立てに正当性がないといけませんし、Twitter側とのやり取りに時間がかる場合もあるのですぐにとは言いませんが、解除される可能性はあります。

相手の凍結やロックが解除されたら、これまでのようにフォロー欄に表示されて人数も元通りになります。

Twitter側のバグ


Twitterには以前からカウンターリセットと呼ばれるバグがあり、フォローしている人数が勝手に増減するだけでなく、これまでのツイート数が変動したりすることがあります。

アプリのアップデート前後に起きやすい傾向にあると言われていますが、こちらはしばらく時間を置いてから確認すると元に戻るのでご安心ください。

誤操作によるフォロー解除


可能性は低いのですが、ご自身が誤ってフォローを解除していたケースも考えられます。

アプリをお使いの場合は相手のプロフィールページとツイートからフォローを解除することができるのですが、いずれも2回タップする必要があるので誤操作は起きにくいです。

一方、PC版Twitterはワンクリックでフォロー解除できてしまうので、うっかりミスが起きやすいです。

アカウントの乗っ取り


こちらも可能性は低いですが、第三者に不正にログインされて勝手にフォローを解除されるとフォロー欄の人数は減ってしまいます。

フォロー欄の人数が減った以外にも身に覚えがないツイートを投稿していたり、いいねを付けている場合は一時的にアカウントを乗っ取られていた可能性が高いです。

ログイン履歴を確認して不正ログインの証拠が見つかったら、速やかにパスワードの変更を行いましょう。