Twitter

Twitterの「最近のハイライト」を非表示にして消す方法

Twitterの「最近のハイライト」は、Twitterを開いていなかった期間に話題になったツイートをタイムラインの上部にピックアップしてくれる機能です。

フォローしているユーザーの数が多いと全てのツイートを確認できるわけではないので、見逃し防止に一役買ってくれます。

ただハイライトの選出基準は以下のように案内されているのですが、必ずしも自分の興味に合ったものが表示されるわけではありません。

Twitterで話題になったコンテンツを、あなたの興味に合わせてお知らせします。ハイライトに表示される話題は、以下を始めとするさまざまな要素によって決定されます。

フォローしているアカウントの会話
つながりのあるアカウントからの話題のツイート
トレンド、ニュース、利用者と関連するトピック

(参考:Twitterヘルプセンター

またフォローしているユーザーの数が少ないと同じツイートを繰り返し見る羽目になってしまいます。

最近のハイライトを非表示にする方法

タイムラインに表示される「最近のハイライト」を非表示にしたい場合は画面右上のスパークルボタンをタップして、最新ツイート表示に切り替えてください。



これでタイムラインの表示が時系列順になり、時系列がバラバラになる要因の一つ、最近のハイライトも表示されなくなります。

注意点としては一定の時間アクセスしないと再びトップツイートが優先されて、最近のハイライトも表示されるようになってしまいます。

その場合は再びスパークルボタンから最新ツイート表示に切り替えてください。

ハイライトの通知をオフにする方法

最近のハイライトがプッシュ通知されるのをオフにしたい場合は、まず「設定とプライバシー」から「通知」へとお進みください。



続いて「プッシュ通知」へと進み「ハイライト」をオフにします。



これでいいねされた時やフォローされた時の通知はそのままでハイライトの通知のみをオフにすることができます。

ハイライトが通知欄に表示される回数を減らす方法

上記で解説した方法でタイムラインやプッシュ通知にハイライトが表示されないように設定しても、通知欄には「○○の最近のツイート」と記載されたハイライトが表示されます。

通知欄からは完全に非表示にできないのですが、「∨」→「表示回数を減らす」の順にタップすると通知欄に「○○の最近のツイート」が表示される回数が減ります。


まとめ

最近のハイライトをタイムラインから非表示にすると、自分のフォローしているユーザーがいいねしたツイートも同時に非表示にできるので是非活用してください。