Twitter

Twitterで誰からいいねされたか見れない!全員表示されない時の確認方法

Twitterで自分の投稿にいいねが付いたので、誰からいいねされたのかを確認してみると「通知はまだ届いていません」と表示され、誰がいいねしてくれたのか分からないことがあります。

また実際のいいね数といいねしてくれたユーザーに表示されている人数が合わない状況もしばしばあります。

ここからは誰からいいねされたか見れない原因や全員表示されない時の確認方法について解説してまいります。

誰からいいねされたか見れない原因や対処法

相手が非公開アカウント(鍵垢)


いいねをしてくれた相手が鍵垢の場合はいいね数にはカウントされてもいいね欄には表示されません。

いいねをしてくれた鍵垢を知りたい場合は自分を一方的にフォローしてくれている鍵垢を把握しておくようにしましょう。

自分のフォロワー数が数百人・数千人を超えているようなら困難を極めますが、100人未満であれば誰が鍵垢なのか比較的簡単に覚えられるはずです。

ご自身のアカウントが公開アカウントであればフォロー・フォロワー外からもいいねされる可能性はありますが、ツイート直後にいいねされたり、リツイートされていないのにいいねが付くようであれば鍵垢でフォローしてくれている可能性が高いです。

こちらもフォローしている鍵垢であれば、通知タブに「○○さんがあなたのツイートをいいねしました」と通知が届きますし、いいねしてくれたユーザーの一覧にも表示されます。



ですから、いいねが付いたにも関わらず、誰なのか見れない場合はあなたのアカウントを一方的にフォローしてくれている鍵垢の中の誰かだと推測できます。

詳細フィルターを設定している

詳細フィルターで該当するアカウントからの通知は表示しない設定にしていると、相手が鍵垢でなくてもいいねしてくれたユーザーの一覧に表示されないことがあります。

詳細フィルターには以下のような項目が用意されています。

フォローしていないアカウント
フォローされていないアカウント
新しいアカウント
プロフィール画像が設定されていないアカウント
メールアドレスが未認証のアカウント
電話番号が未認証のアカウント

こちらの設定は「設定とプライバシー」→「通知」の順に進み「詳細フィルター」から変更することができます。




いいねしてくれたユーザーはできるだけ確認したいという方は全ての項目をオフにするようにしましょう。

いいねをもらった後にブロックした為


Twitterでブロックすると相手はこちらのツイートを見ることができなくなり、当然いいねも付けられなくなります。

しかし、ブロック前にいいねを付けてくれていた場合はいいね数は減らないのですが、いいねしてくれたユーザーの一覧から非表示となります。

ブロックを解除すると一覧に表示されるようになります。

いいねしてくれたユーザーは全員表示されない

いいねしてくれたユーザーは一定の人数までしか表示されない仕様になっているため、いいね数が数百や数千を超えてくると鍵垢でないユーザーも表示されない場合がありますし、
詳細フィルターをオフにしていても表示されないユーザーが出てきてしまいます。


以前は「ふぁぼったー」というサイトから誰がいいねしてくれたのか数百人程度までは調べることができたのですが、残念ながらこちらのサイトは閉鎖されてしまいました。

ですので、いいねしてくれたユーザーの一覧から確認できないユーザーは他の通知も混ざってしまいますが、通知タブから確認するようにして下さい。