Twitter

Twitterのプロフィールが変更できない!エラーで更新できない時の対処法

Twitterのプロフィールが変更できない原因には典型的なものと突発的なものがあります。

本記事ではその両方について詳しくご紹介いたします。

プロフィールが変更できない原因や対処法

不正文字が入っている


「invalid characters」というエラー表示が出てプロフを変更できない場合は不正文字が原因です。

こちらの対処法は以下の記事で詳しく解説しています。

画像サイズやファイル形式が対応外

Twitterのプロフィール画像が変更できなくてお困りの場合は画像のサイズ(寸法)やデータサイズ、ファイル形式を見直しましょう。

以下の条件を満たしていないとプロフィール画像を変更することはできません。

画像のサイズ(寸法):推奨サイズ 400×400ピクセル

データサイズ:最大2MB

ファイル形式:JPEG、GIF、PNG

(参考:プロフィール画像のアップロードについてのヘルプ

画像の詳細情報はiPhoneをご利用の場合は「Photo Secure」というアプリから調べられます。

写真のExif削除 Photo Secure
写真のExif削除 Photo Secure
開発元:DIGITALNAUTS INC. 無料

アプリを起動して「Load」をタップするとカメラロール内の画像が表示されるので、画像を選択して「info」からお調べください。

Androidをお使いの場合はギャラリーから対象の画像を選択し、インフォメーションマークから調べることができます。

ネットの接続状況が不安定


ネットの接続状況が悪いとプロフ変更後の「保存」ができない場合があります。

電波の接続状況を表すアンテナやWi-Fiマークの状態は良好でしょうか。

モバイルデータ通信とWi-Fiどちらも利用可能な環境下の場合は不調な方から切り替えるようにしましょう。

月末付近で速度制限が掛かっている場合は、Twitterの画像や動画も見づらくなりがちですが、プロフィールの変更にも悪影響を与えている可能性があるので、制限が解除されてから改めて変更するようにしてください。

Twitter側の不具合


プロフィールの変更時にTwitter側が不具合を起こしていると「保存」ボタンをタップしても変更が反映されない可能性があります。

ツイートの投稿やタイムラインの読み込み、ツイート検索など、他の基本的な操作も行えない場合は不具合が生じている可能性が高いです。

ツイート検索が行える場合は以下のようなキーワードで検索して、同様のユーザーがいないか確認してみましょう。

Twitter 不具合

Twitter エラー

Twitter 使えない

ツイート検索も行えない場合はダウンディテクターというサイトで不具合が報告されていることがあります。

調べた結果、Twitter上で不具合が起きている場合は復旧後に変更するようにしてください。

まとめ

Twitterのプロフィールが変更できない時の対処法は以上です。

プロフィールからアカウントの名前が変更できなくてお困りの方は以下の記事を参照ください。