Twitter

Twitterアカウントのユーザー名(ID)を忘れた時の解決方法!

@から始まるTwitterのユーザー名はログインする際に必要なのはもちろん、友人や知人に伝えてフォローしてもらう場合などにも利用されます。

ここからはTwitterのユーザー名を忘れた場合の対処法について解説いたします。

Twitterのユーザー名を忘れた場合の対処法

他のログイン情報を試してみる

Twitterにログインするにはパスワードは必須になりますが、必ずしもユーザー名を使用する必要はありません。

アカウントの登録時にメールアドレスもしくは電話番号のいずれかは必ず登録しているので、以下の組み合わせでログインしてみましょう。

メールアドレスとパスワード

電話番号とパスワード

無事にログインできたらプロフィールページの@から始まる英数字を確認してください。こちらがユーザー名になります。


もし、メールアドレスや電話番号は把握できていてもパスワード忘れでログインできない場合はこちらの記事を参照ください。

メールアドレスも忘れている場合


電話番号を忘れてしまうというケースはあまり考えられませんが、電話番号を登録していなかったり、メールアドレスを忘れてしまっている方は少なくないと思います。

ユーザー名が分かれば登録しているメールアドレスの一部をTwitter上に表示させることができるのですが、今回のケースではユーザー名も忘れているのでこの方法は利用できません。

ですので、以下でご紹介している方法を参考にしてください。

アカウント名で検索

ユーザー名を忘れてしまっていてもアカウント名を覚えていれば、ユーザー名を調べることは可能です。

アカウント名とは@から始まるユーザー名の上にある表示名のことです。


ユーザー名を忘れてログインできないアカウント以外にも別のアカウントをお持ちであれば、そちらからキーワード検索にアカウント名を入力して調べてみましょう。


別のアカウントを持っていなくてもキーワード検索から調べることも可能です。

フォロー・フォロワー経由で探す

ユーザー名を忘れてログインできないアカウントでフォローしていたユーザー、フォローされていたユーザー経由でユーザー名を調べることもできます。

相手のフォロー数やフォロワー数が多いと調べるのが大変ですが、確実にこのユーザーはフォローしていた、このユーザーにはフォローされていたという相手が分かるのであれば以下の手順で調べられます。

フォローしていた相手が分かる場合 ⇒ 相手のフォロワー欄から自分のアカウントを探す

フォローされていた相手が分かる場合 ⇒ 相手のフォロー欄から自分のアカウントを探す

友人に直接確認する


ユーザー名を忘れたアカウントでリア友と繋がっていたのであれば、LINEやDMで直接確認するのが手っ取り早いです。

リア友との繋がりがなくてもよく絡んでいたフォロワーがいたのであれば、そのユーザーにDMを送ってユーザー名を確認してみるのも一つの手です。

連携していた他のアプリから調べる


Twitterアカウントを使ってログインしたり、連携して同時に投稿できるアプリにユーザー名を忘れたアカウントを利用していたのであれば、そちらから調べてみましょう。

Twitterと連携できる代表的なアプリにはインスタ・TikTok・ツイキャス・nanaなどがあります。

まとめ

Twitterのユーザー名を忘れた場合の対処法は以上です。

ユーザー名が無事に確認できた後に変更を希望される方は以下の記事を参照ください。