Twitter

Twitterの@tosとは?トスツイの使い方や見える理由・見る方法を解説

Twitterを利用していると「@tos」や「トスツイ」という用語を見かけることがあります。

ツイート検索している最中に、上記の用語を見かけた方も多いのではないでしょうか。

本記事では、この@tos(トスツイ)について詳しくご紹介いたします。

Twitterの@tosとは?


@tosとは、Twitterで@tosを付けてメンションすることを意味しており、通常のメンションやリプライと違ってフォロワーのタイムラインに表示されないのが特徴です。

※メンションは@を付けてツイートすること、リプライはツイートに返信することです。

なぜ@tosを付けたメンションがフォロワーのタイムラインに表示されないのかというと、ユーザー名tosはTwitterの意向により凍結されたアカウントで、一般ユーザーは誰もフォローできないためです。

tosが凍結されている理由は、おそらくtosがTerms of Serviceの略称で日本語に訳すとサービス利用規約だからだと思われます。

@tos(トスツイ)の使い方

トスツイの使い方は、とても簡単です。

ツイートの先頭に@tosを付けて、それ以降は自分がツイートしたい内容を書いて投稿していただくだけです。

@tos(トスツイ)がタイムラインで見える理由

トスツイはフォロワーのタイムラインに表示されないと解説しましたが、以下のような理由で表示されてしまうことがあります。

メンションではなくリプライしている

トスツイがフォロワーのタイムラインに表示されないのは、あくまでメンションした場合です。

@tosを付けてリプライしてもリプライ先のユーザーをフォロワーがフォローしている場合は、そのユーザーのタイムラインにトスツイは表示されてしまいます。

同じ仕組みで自分が投稿したトスツイに@tosを付けてリプライしたり、通常のリプライをすると自分のフォロワー全員のタイムラインにトスツイが表示されてしまいます。

トスツイをリツイートしている

トスツイを自分でリツイートする方は、ほとんどいないと思いますが、間違ってリツイートしてしまうとフォロワーのタイムラインに表示されてしまいます。

また、あなたのトスツイを見つけたユーザーがリツイートした場合も、そのユーザーのフォロワーのタイムラインにトスツイが流れてしまいます。

@tos(トスツイ)を見る方法

自分がフォローしているユーザーや気になるユーザーのトスツイを見たい場合は、以下のようにツイート検索するとトスツイを見ることができます。

from:ユーザー名 @tos

上記のコマンドでツイート検索して「検索結果はありません」と表示された場合は、そのユーザーはトスツイをしていません。

@tos(トスツイ)の代わりになるユーザー名

本記事ではフォロワーのタイムラインにツイートを表示させない方法として@tosをご紹介してきましたが、以下のTwitterの機能名や公式サイトの重要ページのURLに使われている単語は、ユーザー名が取得できないようになっているので、@tosと同じ効果があります。

@about
@blog
@favorites
@followers
@following
@goodies
@help
@home
@http
@inbox
@jobs
@lists
@null
@privacy
@replies
@search
@send

(参考:Yahoo!知恵袋