Twitter

Twitterを電話番号なしで登録する方法(アカウント作成)

Twitterは電話番号なしでも登録できます。

本記事ではアプリ(iPhone/Android)・PC別に電話番号なしで登録する方法を解説しているので参考にしてください。

Twitterを電話番号なしで登録する方法(アカウント作成)

Twitterは電話番号なしでも、メールアドレスやAppleアカウント(iPhoneのみ)・Googleアカウントを使って登録できます。

ただ、AppleアカウントやGoogleアカウントを使って登録するのであれば、それらのアカウントに登録しているメールアドレスでTwitterに登録することをおすすめします。

理由はAppleアカウントやGoogleアカウントでTwitterに登録してもパスワードまでは共有されないので、Twitterにパスワードを設定したい場合は、パスワードのリセットから行わなくてはいけないという非常に面倒な仕様だからです。

ですので、ここからはメールアドレスでTwitterに登録する方法を解説していきます。

アプリから登録する方法

アプリにアカウントが1つも追加されていない場合

アプリをインストール・再インストールしたばかりで、アカウントが1つも追加されていない場合は、まず「アカウントを作成」をタップしてください。


続いて「電話またはメールアドレス」→「かわりにメールアドレスを登録」の順にタップすると電話番号なしで登録できます。


アプリにアカウントが1つ以上追加されている場合

アプリにアカウントを追加済みの場合は、まずホーム画面左上のアイコンをタップして追加ボタンをタップしてください。


続いて「新しいアカウントを作成」→「電話またはメールアドレス」→「かわりにメールアドレスを登録」の順にタップすると電話番号を使わずに登録できます。



PCから登録する方法

ブラウザにアカウントが1つも追加されていない場合

Twitterの登録が初めてだったり、ブラウザからTwitterにログインしていない場合は、アカウント作成ページへ進み「かわりにメールアドレスを登録する」をクリックしてください。


そうすると電話番号なしでTwitterに登録できます。

ブラウザにアカウントが1つ以上追加されている場合

既にTwitterにログイン中の場合は、ログアウトページにアクセスしてTwitterからログアウトしてください。


ブラウザにアカウントを2つ以上追加しているようでしたら、すべてログアウトしましょう。

Twitterからログアウトできたらアカウント作成ページへ進んで、「かわりにメールアドレスで登録」をクリックしてください。


そうすると電話番号を使わずにTwitterに登録できます。

Twitterに登録するメールアドレスを作成する方法


Twitterを電話番号なしで登録するためのメールアドレスをお持ちでない方は、以下の公式サイトを参考にしてメールアドレスを作成するようにしてください。

Gmail
Yahooメール
Outlook
iCloudメール

Twitterを電話番号なしで登録できない時の対処法

ここからはTwitterを電話番号なしで登録できない(スキップできない)時の対処法を3つご紹介いたします。

リモートデスクトップ


現在は電話番号なしでもTwitterに登録できますが、2015年の一時期、一部のユーザーの間で、電話番号なしで登録できない仕様になっていたことがあります。

その時期に電話番号なしで登録できた裏ワザが、お使いのパソコンからネットワーク接続された別のパソコンに接続できるリモートデスクトップを使った方法です。

リモートデスクトップを使えば、別端末・別IPアドレスでTwitterにアクセスできるので、電話番号の登録を回避できたというわけです。

今後、Twitterの仕様が変わって登録時に電話番号の登録を求められた場合は、リモートデスクトップの無料お試しプランで電話番号の登録を回避できるか試してみてください。

Google Voice


こちらの方法は上記のリモートデスクトップを使った方法以上に複雑で料金も発生するので、おすすめできる方法ではありませんが、電話番号の登録を回避できない時に使えます。

簡単に手順を解説すると以下のようになります。

①textPlusなどでアメリカの電話番号を発行する

②VPNを経由してアメリカのIPアドレスでGoogle Voiceにアクセスする

③発行したアメリカの電話番号をGoogle Voiceに登録する

④Google Voiceの電話番号をTwitterに登録する

電話番号を登録して削除する

上記で2015年の一時期、電話番号なしで登録できない仕様になっていたとお伝えしましたが、アカウント作成後に電話番号を削除することは可能でした。

自分の電話番号を登録したくない方もいらっしゃると思うのですが、電話番号の照合を許可せず、すぐに削除すれば特に問題はありません。

Twitterを電話番号なしで登録するメリット・デメリット

ここからはTwitterを電話場号なしで登録するメリット・デメリットをご紹介いたします。

家族や友達にアカウントがバレない

Twitterに電話番号を登録しても、電話番号の照合と通知を拒否すればアカウントがバレる心配はないのですが、過去にこの設定が勝手に許可に変わっていると騒動になったことがあります。

※Twitter社は設定が変わった事実はないと否定しています。

ですが、電話番号を登録していなければ照合されないので安心です。

連鎖凍結を避けられる

Twitterは1つの電話番号を最大10個のアカウントに登録できるのですが、1つのアカウントが凍結されると連鎖凍結される恐れがあります。

しかし、電話番号を登録していなければ電話番号を起点に連鎖凍結されることはありません。

電話番号の流出を防げる

Twitterは過去に1万人分の電話番号が流出した可能性を公表しています。

(出典:Fixing a recent password recovery issue

同じSNSのFacebookに至っては4億人以上の電話番号が流出しているので、自分が二段階認証を設定してセキュリティを高めても、電話番号流出の可能性をゼロにはできません。

ですが、最初から電話番号を登録しなければこのようなリスクを防げます。

DM機能をロックされる

Twitterを電話番号なしで登録する最大のデメリットは、フォローされていないアカウントにDMを送るとDM機能をロックされる点です。

DM機能をロックされると否が応でも電話番号を登録しなくてはいけないので、この点はご注意ください。

Twitterを電話番号なしで登録してロックされた場合

もし、電話番号なしでTwitterに登録してアカウントをロックされてしまった方は、以下の記事を参考にてサポートに問い合わせていただくと、電話番号を使わずに解除できる可能性があります。