Twitter

Twitterのリツイートを削除する方法や取り消しできない時の対処法

Twitterには自分のフォロワーに他のユーザーのツイートを紹介できるリツイートという機能が存在します。

自分がフォローしているユーザーの投稿をリツイートできるのは勿論、拡散されて回ってきた見ず知らずの方の投稿もリツイートすることができます。

しかしリツイートしたものの、

・拡散するには不適切な内容だった

・リツイートするつもりはなく間違ってリツイートしてしまった

などの理由でリツイートを取り消したい場合があると思います。

リツイートを削除する方法

リツイートを行った投稿のリツイートボタンは以下の画像のように緑色に変更されています。


こちらの緑色に変更されたリツイートボタンをもう一度タップしていただくと「リツイートを取り消す」という項目が表示されるので、こちらをタップでリツイートを削除できます。


取り消しの完了はリツイートボタンが通常の色に戻っていることから確認することもできます。

リツイートが削除できない原因や対処法

キャッシュの影響

リツイートの取り消しを行ったにも関わらず、自分のタイムライン上では消えていないという場合があります。

こちらは公式アプリのキャッシュ機能が影響しています。

キャッシュ機能とは一度読み込んだ内容を保存しておき、もう一度表示する際にスピーディーに表示してくれる機能です。

本来であればキャッシュ機能の有無に関わらずリツイートは消えるのですが、ごくまれに消えない不具合が起きるようです。

キャッシュの削除方法は以下の記事で詳しく解説しているので参照ください。

相手が鍵垢に変更した

リツイート元の相手が鍵垢にしツイートを非公開にした場合はリツイートボタンが以下のように薄い緑色に変更されリツイートの取り消しができなくなってしまいます。


こちらはアプリではなくPC版Twitterから操作すればリツイートを取り消すことができます。

リツイートを取り消すと相手に通知が届く?バレる?


ご存知の通り、リツイートをするとリツイート元のユーザーに『○○さんがあなたのツイートをリツイートしました』という通知が届きます。

ですから反対にリツイートを取り消しする時にも『○○さんがリツイートを取り消しました』といった通知が届くのではないかと心配な方もいらっしゃると思うのですが、リツイートを消す際には相手に通知が届くことはありません。

ただリツイート数が10にも満たないような数で後ほど数字が減っていたら誰が消したのかを調べようと思えば簡単に調べることができるので注意が必要です。