インスタ

インスタでDMを拒否する方法!DMを閉鎖して解放しない設定はある?

インスタグラムの公開アカウントはプロフィールページにメッセージボタンが表示される仕様になっているので、フォロー外の業者や海外のアカウントなどから無差別にDMが届くことがあります。


本記事ではこういった迷惑なDMを拒否する方法やDMを解放しない設定についてご紹介いたします。

DMを拒否する方法

DMを拒否できるのはメッセージリクエストに保留されている相手に限ります。

こちらがフォローしておらず、過去にDMのやり取りを行ったことがない相手からのメッセージがメッセージリクエストに保留される仕組みになっています。

iPhoneから行う場合

まずはホーム画面からDMマークをタップし「リクエスト○件」へとお進みください。



続いてメッセージを開いて「ブロック」→「無視する」→「メッセージを無視」の順にタップすると今後、同じ相手からのDMを受け取らないようにすることができます。



上記の手順であればDMを拒否したことが相手にバレる心配はないのですが、「アカウントをブロック」もしくは「報告する」を選択してしまうと、相手にブロックしたこととDMを拒否したことが伝わってしまうので注意が必要です。

メッセージの内容が悪質であったり、こちらが返信していないにも関わらず、繰り返しメッセージが送られてくるような場合以外は「無視する」で拒否するのが無難です。

Androidから行う場合

まずはDMマークをタップしメッセージリクエストへと進みます。



続いて保留されているメッセージを開いて「許可しない」→「許可しない」の順にタップすると、相手側は引き続きメッセージを送ることはできるのですが、こちら側は受け取り拒否となり一切メッセージが届かなくなります。

DMの拒否設定を解除する方法

特定のユーザーからのDMを受け取り拒否したものの、やはり解除したいという場合は、そのユーザーのプロフィールページを開いてメッセージを送信すると解除することができ、拒否する前のメッセージも見れるようになります。


ブロックリストやミュートリストのようにDMを拒否したリストは存在しないので、DM内の検索から相手の名前やユーザーネームを入力して探すようにしましょう。


ユーザーネームの一部を入力しただけでも候補として表示されます。

DMを解放しない設定はある?

結論から申し上げると、インスタのDMを閉鎖することはできません。

鍵を付けて非公開アカウントにすることで、フォロー外のユーザーに対してメッセージボタンを非表示にすることはできるのですが、「…」→「メッセージを送信」の順で相変わらずDMを送れてしまうというのが現状です。



ただし、業者や海外のスパムアカウントは、こちらが投稿したハッシュタグなどをきっかけにDMを送信してくるので、非公開アカウントにすることで迷惑なDMを減らすことができます。

非公開アカウントに変更する方法

非公開アカウントに変更する手順は、まず画面右下のプロフィールタブから「メニュー」→「設定」の順に進みます。




続いて「プライバシー設定」→「アカウントのプライバシー設定」の順に進み、非公開アカウトをオンに切り替えてください。



まとめ

インスタもTwitterと同じようにDMを解放するかどうか任意で決められるとよいのですが、現時点では常に解放されている状態なので、個々の判断で送られてきたDMを拒否するようにしてください。