インスタ

インスタの足跡の見方や閲覧履歴を確認できるアプリについて解説

Instagram(インスタグラム)で足跡がつく機能や足跡を見る方法について詳しくご紹介いたします。

頻繁に仕様変更が行われるインスタグラムですが、2020年最新の足跡事情となっているので参考にしてください。


インスタの足跡の見方(足跡が残るケース)

ストーリー

自分の投稿したストーリーが誰に見られたのかを確認したい場合は、ストーリーを開いて画面左下の「○人が既読」をタップしてください。


そうすると閲覧者リストが表示され、ストーリーを見てくれたユーザーの名前やユーザーネームを確認できます。


この閲覧者リストにはフォロー外のユーザーや鍵垢も表示されるので、自分が誰かのストーリーを見る際はくれぐれもご注意ください。

ストーリーを開いた際に「○人が既読」が見当たらない場合は、まだ誰にも閲覧されていないことを意味しています。

また、24時間が経過してアーカイブに移動したストーリーは閲覧者リストが見れません。

ハイライト

ハイライトと呼ばれる機能を使うと、上記でご紹介したストーリーを24時間経った後も自分のプロフィールページで公開できます。


投稿から24時間経過したストーリーをハイライトとして公開しても足跡はつかないのですが、24時間以内に公開した場合はストーリーと同じように足跡がつきます。

足跡の確認方法もストーリーと同じです。

インスタライブ

インスタでライブ動画を配信できるインスタライブも誰が視聴してくれているのか確認できます。

自分のインスタライブにユーザーが訪れると画面左下に「○○が視聴」と表示されます。


また画面上部の視聴者数をタップするとリアルタイムで見てくれているユーザーを確認できます。

DM

インスタのDM(ダイレクトメッセージ)には既読機能がついており、こちらが送信したDMを相手が見ると「既読」と表示されます。


三人以上のグループでDMをしている場合は、誰が既読したのかユーザーネームも表示されます。


ただし、フォローされていない相手へのDMは全てメッセージリクエストとして処理されるので、承認されない限りはDMを見ていたとしても既読はつきません。

インスタの閲覧履歴を確認できるアプリはある?


上記で取り上げたストーリーやハイライトなどの閲覧履歴は、インスタの公式アプリに標準で備わっている機能ですが、公式以外で閲覧履歴を確認できるアプリはあるのでしょうか?

結論を申し上げると、そのようなアプリは存在しません。

以前、誰かに自分のインスタグラムのプロフィールを見られたら通知を送信してくれるアプリという触れ込みで、「Followly」というアプリの広告がYouTubeで大々的に流れていたことがあります。

Followly: レポートと分析

Followly: レポートと分析

M Mobil Yazilim Hizmetleri Sanayi Ve Ticaret Limited Sirketi無料

しかし、その真相はFollowlyを使っているユーザーがFollowly内であなたのプロフィールを見ると通知される仕組みでした。

ですので、Followlyを使っていないユーザーがインスタの公式アプリからあなたのプロフィールを見ても通知されることはありません。

このような仕組みの足跡は古くから存在しており、かつては「insta fans catcher」や「Websta」といったアプリやサイトがあったものの、現在は閉鎖されています。

悪質なケースだと「InstaAgent」というアプリはインスタの足跡が見れると謳い、その実態はパスワードを盗み取るマルウェアでした。

ですから、今後、インスタの足跡が見れると謳うアプリが登場しても興味本位で利用しないことをおすすめします。