インスタ

インスタは電話番号で登録するとバレる!検索オフできないので要注意

インスタのアカウントの作成には「電話番号」「メールアドレス」「Facebookでログイン」の3つの選択肢が用意されています。

LINEの登場でメールアドレスを持っていない方も珍しくないですし、1つ目のアカウントはキャリアメールで登録したので、2つ目以降のアカウントは電話番号での登録をお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、自分のアカウントを家族や学校の友達、会社の同僚などに知られたくない方はインスタに電話番号を登録してはいけません。

インスタに電話番号を登録するとバレる可能性大

インスタには端末の連絡先に登録されている電話番号でインスタを利用しているユーザーをフォロー先の候補に表示してくれる「連絡先をリンク」という機能があります。


アカウントの作成時に複数回に渡って連絡先のリンクを求められるのですが、連絡先をリンクしなかったからといって自分がインスタに登録した電話番号が他のユーザーから照合されなくなるわけではない点に注意が必要です。

極端な例ですが、アカウントの名前を本名から全く連想できないものにして、本人の写真をプロフィール画像に使用していなくても、相手が端末の連絡先にあなたの電話番号のみを登録した状態で連絡先をリンクするとフォロー先の候補(連絡先)にあなたのアカウントが表示され特定されてしまいます。

電話番号検索を回避する方法

厳密には電話番号検索ではなく「連絡先をリンク」ですが、ここからは電話番号がきっかけで自分のアカウントが知られてしまうのを回避する方法をご紹介いたします。

電話番号を登録しない


最も効果的なのは電話番号を使ってインスタのアカウントを作成しないことです。

そしてアカウントを作成した後に追加で電話番号を登録しないことです。

電話番号を登録しておくことでメールアドレスとパスワードの両方を忘れてしまってもパスワードのリセットを行えるというメリットもあるのですが、垢バレしたくない場合はデメリットの方が大きいです。

電話番号を削除する

既に電話番号を登録してしまっている方は速やかに電話番号を削除しましょう。

ブロックする

電話番号を削除しても反映に時間が掛かって、相手側のフォロー先の候補(連絡先)からすぐに消えないことがあります。

このような場合は自分側で連絡先をリンクしてフォロー先の候補に表示されたアカウントをブロックするようにしてください。

ブロックすることで相手側のフォロー先の候補に表示されないようになります。

相手のプロフィールページを開いて「…」→「ブロック」の順にタップすることでブロックすることができます。


アカウントを作り直す

短時間でも電話番号を登録したアカウントはフォローされていなくても友達に垢バレしている可能性があります。

電話番号を削除したり、ブロックすることで相手側のフォロー先の候補に今後表示させないようにすることは可能ですが、ユーザーネームを覚えられていたり、他のアカウントから監視されると意味がありません。

ですので、電話番号を登録したアカウントは削除したり放置するなどして、新しいアカウントの作成を検討してみてください。

Facebookでログインも注意


インスタに電話番号を登録しなくても電話番号を登録しているFacebookアカウントでログインすると同じように電話番号を起点に垢バレしてしまうので注意が必要です。

ただFacebookは電話番号を登録していなくても垢バレのリスクが高いので、GmailやYahooメールなどのフリーメールでの登録がおすすめです。

(参考:FacebookとInstagramが情報を共有するのはなぜですか

まとめ

ユーザー側が登録した電話番号の照合を拒否できると良いのですが、残念ながらインスタにそのような機能は存在しないので、安易に電話番号を登録するのは控えましょう。