Twitter

Twitterで自分のアカウントのURLを表示してコピーする方法

本記事では自分のTwitterアカウントのURLを確認する方法について解説いたします。

現在はQRコードの読み込みでアカウントをフォローすることもできますが、他のアプリのプロフィール欄に自分のTwitterを紹介したい方などは本記事を参考にしてください。

自分のTwitterアカウントのURLを表示する方法

ユーザー名を付け足して直接入力

TwitterアカウントのURLはいずれも以下のような形式になっています。

https://twitter.com/ユーザー名(@は省略)

ユーザー名とは自分のプロフィールページに記載されている@から始まる英数字の部分です。


ですから、当アカウントの場合はURLは「https://twitter.com/applimura」となります。

モバイル版Twitterから表示させる(iPhone編)

自分のユーザー名を付け足して入力する方法はユーザー名が複雑で長かったりすると間違って入力してしまう可能性があります。

また手動入力が面倒だという方はこちらの方法をお試しください。

まずはSafariからモバイル版Twitterにアクセスしてください。

この時、SafariからTwitterの公式アプリに移動してしまうようならリンクを長押しして「新規タブで開く」を選択するとSafariで開くことができます。


Twitterにログインしたら自分のプロフィールページに移動してください。

この時、画面上部に表示されているのが自分のアカウントのURLになります。


URL部分をタップすると全選択された状態になるので、もう一度タップして「コピー」するとアカウントのURLがコピーされます。

モバイル版Twitterから表示させる(Android編)

まずはChromeからモバイル版Twitterにアクセスしてください。

もし、ChromeからTwitterの公式アプリに移動してしまう場合はリンクを長押しして「新しいタブで開く」を選択するとChrome上で開けます。


ログイン情報を入力してTwitterにログインしたら自分のプロフィールページへ移動してください。


画面上部のURLが自分のアカウントのURLになるのでタップしてコピーしましょう。

自分の投稿したツイートのURLをコピーする方法


アカウントのURL以外にも投稿したツイートのURLをコピーしてLINEなど他のアプリに送信したい場合は以下の手順を参考にしてください。

iPhoneから行う場合

いいねの右横にあるボタンをタップし「その他の方法でツイートを共有」→「リンクをコピー」の順でツイートのURLをコピーできます。



Androidから行う場合

ツイートの右上に表示されている「∨」をタップし「リンクをコピー」を選択すればツイートのURLをコピーできます。


まとめ

今回ご紹介した内容は自分のアカウントやツイートのURLをコピーする方法ですが、他のユーザーのURLも同様の手順でコピーすることができます!