Twitter

TwitterのQRコードの作成や読み取り方【アプリ/PC】

自分のTwitterアカウントを他のSNSやリアルの場で紹介する際に、ユーザー名が長かったり、同じアカウント名を使用しているユーザーが多いと探し出すのが困難な場合があります。

そこで本記事ではスキャンして手軽にフォローできるQRコードの作成や読み取り方について詳しくご紹介いたします。

QRコードを作成する方法

アプリから行う場合

解説に使用している画像はiPhone版Twitterですが、Android版の手順も基本的に同じです。

まずは画面左上のプロフィール画像をタップしてメニューを開き、最下部のQRコードマークをタップしてください。



そうするとアカウントのプロフィール画像が中央に入ったQRコードが表示されます。


QRコードの色は水色・紫色・オレンジ色・ピンク色・緑色の計5色用意されており、QRコードをタップすると色が変わる仕組みになっています。

QRコードを共有する方法

表示されたQRコードは画面右上の共有ボタンをタップすることでカメラロールに保存したり、Twitter上に投稿したり、LINEなどの他のSNSに共有することも可能です。


※Android版は「保存」と「共有」するの2パターンです。

PCから行う場合

PC版TwitterからQRコードを表示させることはできないのですが、デンソーウェブ公式のQRコードメーカーで作成することができます。

まずは自分のTwitterのプロフィールページを開いてアカウントのURLをコピーします。


続いてQRコードメーカーにアクセスしてURLを貼り付け、アクセス解析の有無を選択して「QRコード作成」をクリックすれば、PC上でもTwitterのQRコードが作れます。

QRコードの読み取り方

QRコードを読み取ってフォローしたい場合は画面左上のプロフィール画像をタップしてメニューを開き、QRコードマークをタップしてください。



続いてスキャンボタンをタップしてQRコードをスキャンすると相手のプロフィールページが表示されるので、フォローボタンをタップでフォローできます。


Twitter以外のSNSで送られてきたQRコードを読み取りたい場合は、事前にカメラロールやギャラリーに保存しておき、QRコードのスキャン画面右上のライブラリをタップしてください。


続いて保存したQRコードをタップすると読み取りが行われ、相手のプロフィールページが表示されます。

QRコードが読み取れない場合の対処法

公式アプリを使用する


Twitterで作成されたQRコードはApp StoreやGoogle Playからインストールできる専用のQRコードリーダーでも読み取れるのですが、公式アプリを使用した方が確実です。

また「feather lite for Twitter」や「Janetter for Twitter」などのクライアントアプリにはQRコードのスキャン機能は搭載されていないので、公式アプリをご利用ください。

ズームして読み取る

TwitterのQRコードが載った名刺を受け取った際に、QRコードが小さすぎるとスキャンできないことが度々あります。

ユーザー名も記載されていれば検索して調べることができるのですが、記載されていない場合はズームして読み取るようにしてください。

ただ、Twitterのスキャン画面ではズームすることはできないのでiPhoneをお使いの場合はコントロールセンターからQRコードリーダーを開いて読み取りましょう。


Androidをお使いの場合はGoogleアシスタントからGoogleレンズを開くとQRコードをズームして読み取ることができます。

アプリをアップデートする

Twitterの公式アプリにQRコード機能が搭載されていない場合は長らくアップデートしていないことが原因だと考えられるので、最新版にアップデートするようにしてください。

Twitterの仕様変更を回避するためにあえてアップデートしていない方はQRコードの読み取りアプリをインストールしてご活用ください。

QRコードリーダー for iPhone
QRコードリーダー
開発元:Takashi Wada 無料

QRコードを更新する方法

作成したQRコードが意図せず拡散されてしまったなどの理由でQRコードを更新したい場合は、アカウントのユーザー名を変えることで更新することができます。

こちらは逆に考えるとユーザー名を変更すると以前のQRコードは無効になるということですので、ご注意ください。