Twitter

Twitterのリストとは?作り方や追加された場合どうなるか詳しく解説

Twitterのリスト機能とは?


Twitterは複数アカウントの作成が認められているので、趣味ごとにアカウントを作っている方も少なくありませんが、なるべく一つのアカウントで管理したいという方も少なくないと思います。

また、趣味別にアカウントをお持ちであったとしてもフォローしている人数が増えてくるとどうしても全てのツイートを確認できなくなってきます。

そのような方々におすすめしたいのが、Twitterのリスト機能です。

リストはフォローしているユーザーを特定のグループに分けることができる機能で、自分がリストに追加したユーザーのみ確認できるタイムラインを作ることができます。

例えば持っているアカウントは一つのみで、スポーツ選手や芸能人・リア友・ネットで繋がった友人などを幅広く雑多にフォローしている場合はそれぞれをリスト化することができます。

その他にもこのユーザーのツイートだけは絶対に見逃したくない、必ずチェックしたいという方を属性問わず、「お気に入りリスト」などとして作成することも可能です。

リストにはフォローしていないユーザーも追加することができ、一つのリストに最大5,000人まで追加可能です。

こちらは本来、リスト機能に求められているものとは異なるのですが、リスト上のタイムラインには広告や「○○さんがいいねしました」という他人のいいねが表示されないのもメリットです。 

初期設定ではリストは公開状態!


Twitterは非公開設定で鍵垢にしていなければフォロワー以外のユーザーにもツイートが見えてしまいますが、リストも同様で後述する非公開リストにしていないと、あなたが作成したリスト名や追加されているユーザーは周囲に公開されてしまいます。

ただ、リストが公開されることにはメリットも多く、自分でわざわざリストを作らなくても既に他のユーザーが追加しているリストを保存することができます。

例えばメイクやファッションで非常に参考にしているユーザーがリストを公開していた場合、そのユーザーが普段からチェックしているリスト(タイムライン)をそっくりそのまま活用することができるのです!

リストが公開されることを応用した使い方の中にはリスト名を「大切な人」「親友」などにしてフォロワーを追加(リスイン)し、相手を喜ばせるという若者ならではの使い方もあります。

リストに追加された場合どうなる?


自分のアカウントがリストに追加されるとリストに追加したユーザーの名前とリスト名が通知されてきます。

ただ非公開リストに追加された場合は通知は届きません。

公開リストであっても相手が鍵垢でこちらがフォローしていない場合は同じく通知は届きません。

リストの作り方

ここからはリストの使い方について具体的に解説してまいります。

最初はリストの作成方法からです。

解説に用いている画像はiPhone版Twitterの画面になりますが、Android版も基本的に同じ操作になります。

まずは画面左上のプロフィールアイコンをタップし「リスト」へと進みます。


続いて「リストを作成」をタップしてリスト名を入力しましょう。リストの説明は入力しても入力しなくても大丈夫です。


非公開について

初期設定では上述の通り、リストは公開状態になっており誰でも見ることができるのですが、もう一つ注意点があります。

それはユーザーをリストに追加すると「○○さんがあなたをリスト■■に追加しました」と相手に通知が届くことです。

リスト名やお互いの関係性によっては相手から『なぜ私をリスインしたのか?』『なぜこのリストに追加したの?』と思われる可能性もあるので、そのような懸念がある場合は非公開をオンにして非公開リストにして下さい。


尚、公開リストでも自分が鍵垢でフォローを許可していないユーザーをリストに追加した場合は相手に通知されないのでご安心下さい。

リストへの追加方法

リストの作成が完了したらリストにユーザーを追加していきましょう。

自分が既にフォローしている一覧から追加したいユーザーを探しても良いですし、キーワード検索からユーザーを探しても良いです。

尚、自分のアカウントをリストに追加することも可能です。

リストに追加したいユーザーのプロフィールページを開いたら画面右上の「…」をタップし「リストへ追加または削除」へとお進み下さい。



続いて作成したリストをタップし、チェックマークが付いたら画面右上の「完了」を押して下さい。


これでリスト入りさせることができます。

リストの編集方法

作成したリストは後から編集することも可能です。

編集したいリストをタップし、画面右上の「編集」を押して下さい。



そうするとリスト名や公開状態を変更できるようになります。

当初は公開リストにしていたものの、やはり非公開リストに変えたいという方はこちらから設定を変えるようにして下さい。


勿論、非公開リストから公開リストへの変更も可能ですが、公開リストに変更した時点で追加済みのユーザーに通知が届くので、その点は注意が必要です。

「ユーザーの管理」ではリストに追加したユーザーを外したり、新たにユーザーをリスト入りさせることができます。


ユーザーをリストから外したい場合はバツ印をタップして下さい。

リストを削除する方法

作成したリストを削除したい場合はリストをタップし「編集」→「リストを削除」の順で消すことができます。



他人の作成したリストを保存する方法

他人の作成したリストはユーザーのプロフィールページ右上の「…」をタップし「リストを表示」へ進むと見ることができます。



リストの「登録している」の一覧に表示されているものが公開されているリストです。


このリストをそのまま活用したい場合はタップし「リストを保存する」を押して下さい。


そうすると自分のリスト一覧に他のユーザーが作成したリストが登録されます。

他人のリストを保存しても相手に通知は届きませんが、「保存ユーザー」から誰が保存してくれたのか相手は調べることができます。

保存した他人のリストを解除する方法

保存した他人のリストが不要になった場合は「リスト」から該当のリストをタップし、画面右上の「解除する」を押せばリストの一覧から消すことができます。



自分が追加されているリストを調べる方法

自分が公開リストに追加された場合は通知が届くので、その時点で把握することが可能ですが、これまでに追加されたリストの一覧を見たい場合は「リスト」の「追加されている」という項目から確認することができます。



非公開リストに追加されている場合は表示されませんが、公開リストであれば『誰に』『何という名称のリスト』に追加されているか調べられます。

まとめ

Twitterのリスト機能に関する解説は以上です。

タイムラインが流れてツイートを追えなかったり、雑多にフォローしすぎてタイムラインに統一性がなくて困り気味の方はリスト機能を活用してみて下さい。