Twitter

Twitterのツイ消しやアカウント削除されたツイートを見る方法

本記事では興味があってフォローしていたユーザーがツイートを全消ししてしまったり、アカウントを削除してしまい、これまでのツイートが見れなくなった時に消えてしまったツイートを見る方法をご紹介いたします。

方法によっては投稿して一瞬で削除されたツイートも見れるので参考にしてみて下さい。


削除されたツイートを見る方法

キャッシュを表示する

こちらの方法はパソコンから行う必要があります。

ChromeやFirefox、Safariなどのブラウザを起動してGoogleで以下のように検索して下さい。

https://twitter.com/ユーザー名(@は不要)

目的のTwitterアカウントがヒットしたらURLの後ろの▼をクリックしてキャッシュを表示させます。


当日〜数日前のツイートはまだキャッシュに表示されない場合が多いのですが、それ以前のツイートは最大で20ほど取得することができます。

TweetSaveを確認する

TweetSaveはツイート専用のキャッシュ保存サービスです。

削除される前のツイートを誰かが保存してくれている場合は、何年前のツイートであっても見ることができます。

画像付きのツイートは画像もしっかり保存されています。

https://tweetsave.com/ユーザー名(@は不要)

上記URLのユーザー名の部分を変更して、SafariやChromeのアドレスバーに貼り付けると、TweetSaveに保存済みのツイートが一覧で表示されます。

RSSリーダーから確認する

こちらの方法は対象のアカウントを事前にRSSリーダーに追加する必要があるため、追加前の削除ツイートは残念ながら確認することができません。

ですので、ツイ消し頻度が高いユーザーや退会されたら困るユーザーのアカウントをRSSリーダーに追加しておくようにしましょう。

方法はまずQueryfeedというサイトにアクセスしてTwitterのRSSを取得します(※操作はスマホからではなくPC推奨です。)

「from:」の次に対象アカウントのユーザー名を入力して「Search」を押して下さい。


ページが切り替わったらアドレスバーのURLをコピーします。


ここからはFeedlyというRSSリーダーを利用するのでFacebookアカウントやTwitterアカウントなどでログインしてください。

ログインが済んだら検索欄に先ほどコピーしたURLを貼り付けます。


そうするとFEEDが表示されるので「FOLLOW」→「NEW FEED」の順に進み、Feed nameを入力して「CREATE」を押して下さい。



これでツイート直後にツイ消しされたとしてもFeedly上で削除されたツイートを見ることができます。

ツイート検索をする


フォロワー数が少ないユーザーに対してはあまり期待できないのですが、フォロワー数が数千人以上いるユーザーのツイ消しであればフォロワーの誰かがツイートをスクショしていたり、ツイートを削除したことについて言及している場合があります。

以下のようなワードを入力してツイート検索をしてみましょう。

○○の部分にはアカウント名を当てはめてください。

「○○ ツイ消し」

「○○ ツイート 消した」

「○○ ツイート 削除」

「○○ 画像 消した」

「○○ 自撮り 消した」

その他にもツイ消ししたユーザーに対するリプを調べると削除前にスクショしたツイート付きで「なぜツイート消したのですか?」と質問しているユーザーがいたりもします。

ツイログを確認する

Twilog(ツイログ)とはブログ形式でツイートを表示してくれるサービスです。

ツイ消しやアカウントの削除が行われても、そのユーザーがツイログに登録していてツイログ上のツイートを削除し忘れていた場合はユーザー名を入力してGOを押すと消えたツイートが見れます。

まとめ

Twitterのツイ消しやアカウント削除されたツイートを見る方法は以上です。

最も確実な方法は事前準備が必要になりますが、RSSリーダーから確認する方法になります。