Twitter

「このツイートは表示できません」の原因や対処法

Twitterを利用していると「このツイートは表示できません」と表示されツイートが見れないことがあります。

本記事では「このツイートは表示できません」の原因や対処法について詳しくご紹介いたします。

「このツイートは表示できません」の原因

「このツイートは表示できません」の原因として考えられるのは以下の10個です。

  • 原因1 相手がフォローしていない鍵垢
  • 原因2 相手がツイートを削除している
  • 原因3 相手がアカウントを削除している
  • 原因4 相手にブロックされている
  • 原因5 相手をブロックしている
  • 原因6 相手をミュートしている
  • 原因7 ツイートにミュートワードが入っている
  • 原因8 Twitterルールに違反している
  • 原因9 相手がシャドウバンされている
  • 原因10 Twitter側のバグ

ここからは各原因の詳細を解説していきます。

相手がフォローしていない鍵垢

鍵垢に対しては、どのユーザーも引用ツイートを行うことはできないのですが、引用ツイート後に引用元が鍵垢に変わった場合「このツイートは表示できません」と表示されます。

twitter.com/ユーザー名/status/… というURLをタップすると「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しているため、このツイートを表示できません」と案内されます。


「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しているため〜」という案内はリプライ間(スレッド)でもよく見かけるはずです。

相手がツイートを削除している

引用元のツイートが削除されている場合も「このツイートは表示できません」と表示されます。

URLをタップすると「このツイートは削除されました」と表示されます。


ちなみにリプライ間のツイートが削除されていると「このツイートは、ツイートの作者により削除されました」と表示されます。

相手がアカウントを削除している

引用元ツイートの投稿者がアカウントを削除していると「このツイートは表示できません」と表示されます。

URLをタップすると「こ削除されたアカウントによるツイートです」と表示されます。

相手にブロックされている

引用元の投稿者にブロックされている場合も「このツイートは表示できません」と表示されます。

以前はURLをタップすると「ブロックされているため、このアカウントのフォローやツイートの表示はできません」と案内されていたのですが、現在は相手が鍵垢の時と同じ文言なのですぐに見分けがつきません。

相手をブロックしている

引用元のツイートの投稿者をあなた自身がブロックしている場合も「このツイートは表示できません」と表示されます。

ですが、URLをタップすると表示されなくなっているツイートを見ることができます。

相手をミュートしている

引用元のツイートの投稿者をミュートしていると「このツイートは表示できません」と表示されます。

ただし、相手をブロックしている時と同様にURLをタップするとツイートが表示されます。

ツイートにミュートワードが入っている

相手をミュートしていなくても過去にご自身が追加したミュートワードが引用元のツイートに入っていると「このツイートは表示できません」と表示されます。

ですが、こちらもURLをタップするとツイート内容を確認できます。

Twitterルールに違反している

ツイートの内容がTwitterルールに違反している場合、Twitter側から警告・削除依頼が行われることがあります。

投稿者が違反ツイートを削除するまで「このツイートは表示できません」と強制的に非表示扱いになります。

違反ツイートが原因の場合は「詳細はこちら」という案内も表示されます。


(参考:強制的対応の適用レベルと適用範囲

相手がシャドウバンされている

Twitterはヘルプセンターで過去も現在もシャドウバンを行ったことがないと明言しているので、厳密にはシャドウバンは「このツイートは表示できません」の原因ではありません。

率直に申し上げると、Twitterではシャドウバンを行っておらず、過去に行ったこともありません。

(参考:Twitterではシャドウバンを行っていますか?

ただし、シャドウバンという用語は定義が曖昧なまま多くのユーザーの間で使われている用語なので、Twitterルールの違反などは広義の意味でシャドウバンに分類されそうです。

Twitter側のバグ

Twitterでは過去に何度か「このツイートは表示できません」になってしまうバグが起きています。

ですので、上記でご紹介した原因が当てはまらなかったり、相互フォローのツイートでも頻繁に「このツイートは表示できません」になってしまう場合は、Twitter側でバグが起きている可能性が高いです。

「このツイートは表示できません」が出た時の対処法

「このツイートは表示できません」が出た時は以下の対処法を試してみてください。

  • 対処法1 URLをタップする
  • 対処法2 鍵垢にフォローリクエストする
  • 対処法3 検索エンジンにキャッシュが残っていないか調べる
  • 対処法4 別のアカウントから確認する
  • 対処法5 ブロックを解除する
  • 対処法6 ミュートを解除する
  • 対処法7 ミュートワードを削除する
  • 対処法8 Twitterのバグが解消されてから見る

URLをタップする

原因が相手をブロックしている・相手をミュートしている・ツイートにミュートワードが入っているのいずれかでしたら、URLをタップしていただくとツイートを確認できます。

鍵垢にフォローリクエストする

相手がフォロー外の鍵垢でツイートを見られない場合は、ダメ元でフォローリクエストを送ってみましょう。

フォローリクエストの送り方ですが、引用元のツイートが鍵垢の場合はURLをコピーしてメモ帳に貼り付けると相手のユーザー名を確認できます。

リプライ間の鍵垢にフォローリクエストを送りたい場合は、見えているツイートに対して返信マークをタップしていただくと、鍵垢が誰なのか確認できます。

検索エンジンにキャッシュが残っていないか調べる

ツイートの投稿から削除までの期間が短いとキャッシュされていない可能性が高いのですが、検索エンジンのキャッシュから削除ツイートを見ることも可能です。

詳しくは以下の記事を参照ください。

別のアカウントから確認する

相手にブロックされていて「このツイートは表示できません」になっている場合は、ブロックされていない別のアカウントからであれば確認可能です。

ブロックを解除する

ブロックを解除しなくてもURLをタップするとツイートを見られますが、ブロック解除でも「このツイートは表示できません」を解決できます。

ミュートを解除する

ミュートを解除しなくてもURLをタップするとツイートを閲覧できますが、ミュート解除でも「このツイートは表示できません」を解決できます。

ミュートワードを削除する

ミュートワードを削除しなくてもURLをタップするとツイートを確認できますが、ミュートワードの削除でも「このツイートは表示できません」を解決できます。

Twitterのバグが解消されてから見る

Twitterのバグが原因で「このツイートは表示できません」となっているようなら、バグが解消されてから見るようにしてください。

バグの種類によっては一週間ほど解消されないケースもありますが、概ね24時間以内には解消されます。

「このツイートは表示できません」を非表示にする方法はある?

Twitter上では表示できないツイートがあるなら、邪魔なので表示しないで欲しいという声が数多く上がっているのですが、残念ながら現時点では、この表示自体を非表示にする方法はありません。

ミュートするキーワードに「このツイートは表示できません」を追加して、ホームタイムライン・すべてのアカウントをミュート対象とし、ミュート期間を再度オンにするまでに設定しても表示されてしまうというのが現状です。

まとめ

Twitterの「このツイートは表示できません」に関する解説は以上です。

ツイートを見れない時に表示される似たメッセージ「ツイートを読み込めません」に関する詳細は以下の記事で解説しています。