Twitter

Twitterの「このツイートは表示できません」の原因や見る方法

Twitterを利用していると以下のようなメッセージが出てツイートが見れないことがあります。

「このツイートは表示できません」

「このツイートはセンシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」

「このツイートは不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」

ここからはこういった表記が出る原因や表示されずに見れないツイートを見る方法について解説してまいります。

「このツイートは表示できません」の原因や対処法

「このツイートは表示できません」というメッセージはフォローしているユーザーが引用リツイートをしている時やリプライのやり取り間で見られます。

引用元のツイートが表示されなくなっている原因はそのツイートの投稿者であるユーザーをあなたがブロックまたはミュートしているためです。


※ブラウザ版Twitterからだと「このツイートはありません」と表示されます。

twitter.com/ユーザー名/status/… というURLをタップすると表示されなくなっているツイートを見ることは可能です。

ブロックやミュートを解除すれば、このユーザーが含まれている引用リツイートに対して「このツイートは表示できません」というメッセージは表示されなくなります。

リプライのやり取り間でツイートが表示されなくなっている場合はそのツイートが既に削除されていることが原因です。


状況によるのですが、削除されたツイートを確認する方法は一応存在します。

「このツイートはセンシティブ(不適切)な内容が含まれている可能性があるため表示できません」の原因や対処法

こちらもしばしばタイムラインで見られるエラーメッセージです。

iPhoneなどのiOS版Twitterには「センシティブな内容〜」と表示され、Android版やPC版Twitterには「不適切な内容〜」と表示されます。

※英語で「This Tweet is not available because it includes potentially sensitive content.」と表示される場合もあります。

このメッセージが表示される原因は後述する設定の制限に、そのユーザーの投稿した画像や動画が抵触しているためです。

Twitterルールとポリシーによると「他の利用者が見たくないようなセンシティブな内容のコンテンツ」が対象となっています。

センシティブな内容かどうかは受け取る側によっても異なるので、明確な基準が公表されているわけではないのですが、AIを用いた画像認識やスパム報告等から判断しているものと考えられます。

iPhoneから設定を変更する場合

iOS版のTwitterアプリからは設定を変更することはできないので、モバイル版Twitterにアクセスする必要があります。

ログインが済んだら「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へとお進み下さい。



そうすると「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」という項目があるのでこちらにチェックを入れましょう。


これで表示されなかったツイート(画像/動画)が見れるようになります。

Androidから設定を変更する場合

Android版のTwitterアプリはアプリ内から設定を変更することができます。

「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へと進み「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れて下さい。



設定を変更する際の注意点

こちらの設定を変更する際に誤って「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」にチェックを入れないようにくれぐれもお気を付け下さい。


こちらにチェックを入れてしまうと自分が至って普通の画像や動画を投稿してもフォロワが見た時に「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。」と表示されてしまいます。


※フォロワーがセンシティブな内容を表示する設定にしていない場合